都会の森のホテル パークロイヤル オン ピッカリング シンガポール

シンガポールの都心の公園、ホンリンパークと中華街の間という好立地にあり、文字通り緑溢れる外観のインパクトはもとより、インテリアも洗練された素敵なホテルでした。


最寄駅のClarke Quay


ホテル横には、こんな特徴的な建物も。この道を左に進むとすぐ中華街です。

外観からロビー


なかなか巨大な外観で、広角レンズでも全貌が入りきりません。緑があふれています。


入り口はこんな感じです。非常にでかい。


ホテル前の歩道ですが、ここを歩くだけでも結構楽しげです。


フロントです。チェックイン時にウェルカムドリンクが供されました。テレビモニターにはパークロイヤルの宣伝ムービーが流れています。僕の部屋はまだ準備中だったようで、10分ほど待ってくれと。その代わりにチェックアウト時間を延長してくれたのでむしろラッキーでした。せっかくなのですぐ裏手のチャイナタウンをぶらっとしてから部屋に行きました。


広々したロビー。


ずらっと並ぶカゴ椅子に座ってのんびりするのもなかなか良さげな過ごし方だろうと思います。

部屋の様子


12階のジュニアスイートの部屋です。


開放感抜群!高層ビルが多いシンガポールにあって、目の前が公園という好立地でのこの見晴らしの良さです。


公園の奥が低層ビル群というのも見晴らしの良さの一因です。奥には色々変わった形のビルが見えます。スコールが降っていますね。


木目調の部屋です。こだわりだそうですが、20年後くらいにどうなっているのか気になります。


デスクも広々で仕事も捗りそうです。うん、まあソファに寝そべってしまいますけど。


ターンダウン時にお菓子とフルーツが用意されていました。ちょっとこのクッキーはもさもさしていて美味しくなかった・・・


冷蔵庫、食器類はこちらに隠れておりました。


鉄板のネスプレッソ。


ベッドルームの裏にバスルーム。これがまた絵になります。

デザインはカッコいいんですが、シャワーの水の出、そして水はけが最悪でした。。エコがテーマのホテルなので、あえて水の出を悪くしてます的なコメントが貼ってありましたが、うーん、わかるようなわからんような。確かに水の節約にはなってるんでしょうけどもー。この高級感の中でチョロチョロ出てくるシャワーの水になんだかすごくもやっとしました。こだわるところはそこなのかと。むしろこの水はけの施工ミスを補うために水の勢いを殺しているのではないかと勘ぐってしまいました。

奥の窓奥のガラスの丸い置物にはバスソルトが入っています。眺めもよく窓全開で入りたいところですが、見ての通り隣の棟も同じ作りで丸見えなのでご注意ください。


トイレは扉が2つのパターン。新しいのに珍しくシャワートイレではないんですね。


宿泊棟は3棟が繋がって建っているんですが、ここは真ん中でした。

いろんなボタンがこんな感じでした。指を近づけると光るので暗闇でも操作しやすい。

プールサイド


5階にはこんな空間が広がっています。


カゴの中から。


この写真の奥、右手に回っていくと、下の階に降りることができて、緑の生い茂っている横や滝の後ろを歩くこともできます。ちょっとした探検気分になれます。


うん、それは言い過ぎですね。笑 でも想像以上に道がありました。公式HPによると300Mあるらしいです。


プール&ジムサイド。マリーナベイサンズと同じく都会のインフィニティプールですが、また違った趣がありますね。

ダイニング


1階のダイニング。朝食もこちらです。なかなか充実しておりましたよ。


調理して出してくれるエリアがこんな感じ。この写真の右側にレディーメイドの料理がいっぱい置いてあります。


やはりアジアだと麺類が出てきます。僕は朝からがっつりはいけないので、だいたい遠慮してしまいますが…

 

 

水廻りへの不満は書きましたが、それを差し引いてもここはリピートしたいホテルです。いろんな部屋のタイプがあるみたいなので、また今度シンガポールに行くときには違ったタイプの部屋に泊まってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください