美食の街の豪華ホテル マリアクリスティーナ サンセバスチャン


わずか20万人にも満たない街でありながらミシュランの3つ星レストランが3軒もあり、世界一の美食の街とも称される、スペインはバスク地方にあるサンセバスチャン、またの名をドノスティア。

ホテル マリアクリスティーナは、この地にある唯一の5つ星(当時)で、かつて避暑地としてこの土地を訪れていたイギリス王妃にその名を冠することを許されたホテルということで、SPGグループのハイブランドであるラグジュアリーコレクションの一つです。


駅前にすごく気合の入った橋がありましたが、これもマリア・クリスティーナ橋という名前だそうです。


駅舎及び遠距離バス乗り場からは、上の橋を渡り、歩いておよそ10分ほどの立地にあリます。川沿いでわかりやすいので、まあ、まず迷うことはないでしょう。駅の方から向かうとこちら側面が見えてきます。


とはいえ、大体みなさん高級車で乗り付けていますけどね。


華やかな印象のフロントです。


フロントに向かって左手にエレベーターホールがあります。踊り場に鎮座するのはマリアクリスティーナ王妃でしょうか。

フロント右手側は、くつろぎ空間。正直、この手のギラギラ系のデザインは苦手なんですが、このホテルの煌びやかさは、豪華絢爛というわけではなく、とても上品な作りで、あれ、こういうのもアリかも!? って思いました。やっぱり色味ですかね。金色が前面に出ていないところがポイントな気がしました。ただ写真には写ってないんですが、高級ブランド品がディスプレイしてあって、どうやら販売しているらしい様子はちょっと現実に引き戻される感じもありイケてない気がしました。
 
上の写真の後ろ側にある中庭はこんな感じです。中庭に面した側の部屋は若干お安くなっていますが、納得です。見るべきものはありません。
 
 
エレベーターホールには椅子とテーブルが。ゆっくり優雅に待ちましょう。
 
 
廊下の途中途中にも、至る所に椅子が置かれています。休みたい放題です。
 
うん、誰が使うんでしょうか。実際、こんな通り道で歓談されてたら邪魔でしょうがない。
 
部屋はこんな感じです。絵のチョイスがいいですね。
 


夕方、隣の部屋がパーティーをしていたっぽくて、うるさい音が結構聞こえてきました。やはり古いと防音性能は落ちます。


ウェルカムワインは同じくラグジュアリーコレクションのマルケス・デ・リスカルのワイン。ここに来る前に泊まってきたところだったのでいい余韻に浸れました。


このシンクの左側にガラスのシャワールームもあります。


シャワーが昔の受話器みたいです。狙ってますよね、絶対。


部屋は一番奥まったところ。繋げられる部屋がいくつもありますね。部屋のタイプも色々。


うーん、眺望はもう一つでした。リバービューにするならエレベーターに近い部屋をリクエストするといいかもしれません。


夜のライトアップに映える重厚感です。優雅に3つ星レストランか、それとも旧市街でのピンチョス巡りか、どちらからの帰りにもマッチする佇まい。


昼にはあれだけひっきりなしにやってきていた高級車も夜にはすっかりいなくなりました。


朝食の間。ちょっと写真をパシャパシャ撮るのが無粋な感じでこのイマイチな写真しか残ってませんが、とても優雅な空間でした。やはり若い人は少なかったように思います。金が結構使われているんですが、落ち着いた雰囲気は全く損なわれていません。

ちなみにこのホテルに入っているレストランはアジアン料理専門です。宿泊する人はみんな街の美食に酔いしれるので、あえてバスク料理にはしないというというこの斜めってるこだわりが粋です。まあ、行かなかったですけど。笑

このホテルはもっと年を重ねてからまた行きたいなと思いました。大人の余裕を持ってのんびり訪れたい、そんなホテルです。そしてバスク料理を食べ飽きたらホテルのアジアンにも挑戦してみようかなと思います。

現地での食べ歩きは下記の記事をご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください