はいむるぶし 小浜島 オーシャンビュースイート

プーケットのヴィラに続けて日本のヴィラをと思い、少し昔の旅写真を漁って見つけた小浜島のはいむるぶしの滞在記録です。

小浜島は石垣島とかのイリオモテヤマネコで有名な西表島の間にある孤島で、ここにはこのはいむるぶしと星野リゾートの2大リゾートがありました。星野リゾートの方は昨年、運営母体が変わったそうで名前が変わってしまっておりますが、こちらのはいむるぶしは健在です。オールインクルーシブタイプのリゾートなので、敷地から出ることなくデトックス旅を満喫できるのはもちろん、アクティビティも豊富で離島に出かけることもできるので、アウトドア派でも十二分に楽しめます。

 

 

 

石垣島から小浜島へ

石垣島の離島フェリー乗り場からの移動になります。空港からはちょっと距離がありますので、路線バスかタクシーでの移動になるでしょう。何気に台北よりも南だし、いっそ台湾や香港に一足飛びで飛んだ方が近いという。それだけに充実した滞在にしたいところです。

小浜島のフェリー乗り場。下船するとそこはエメラルドグリーンの海で心踊ります。

フェリーの時間に合わせてリゾートまでのバスが待っていますので、乗り込んでしばしの移動。

やはりシーサーがお出迎え。

フロントは広々。ここで夜は生歌演奏をしていたり、この建屋の続きに食事処が何種類かあったと思います。

リゾート内は結構な広さがあるのでゴルフカートを借りて移動することもできます。なお、フロントから一番離れた海辺にあるオーシャンビュースイートを予約すると1台付いてきます。自分でカートを運転して回るのはなかなかに楽しいです。酒を飲めないのが難点ですが。。ちなみにオーシャンビュースイートの部屋はかなり高低差があるので、これ無しだと結構歩くのは大変だと思います。

オーシャンビュースイート(てぃだ)の部屋

60平米のオーシャンフロントの部屋。スタジオスイートになっていて、写真では分かりづらいのですが(分かりやすい写真は、なぜか机にモノが散乱しているものしかなく・・・)広々したデスクでリビングエリアとベッドエリアが区分けされており非常に使い勝手よしでした。見ての通り、リビングのベッドはソファベッドなのでこちらで寝ることも可能です。

そのデスクから外を見るとこのような感じになります。外のハンモックがリゾート感を演出してくれています。

ミニバーエリア。こちらに水回りが併設されているのも○。

ベッドエリアはこのようになっていました。一見、手狭に見えますがスタジオタイプなので開放感があってよかったです。

風呂場もオーシャンビューです。かなり広めの浴槽でした。右手にシャワーエリアだったかな。写真が残っていない洗面エリアも広々していて使い勝手よかったと思います。高台に海が見える大浴場があるらしかったですが、ここでも十分広いし海も見えるのでわざわざ行かなくてもって感じで行きませんでした。

ハンモックがあるとついつい乗ってゴロゴロしてみますが、うっかり寝てしまうといつも腰をやられるんですよね。。よくハンモックは健康にいい的な記事を見ますが、よほどちゃんとした体制になるようになっていないと偏った所に重力がかかってむしろ体に悪いと思うのですが、実際どうなんでしょう。とはいえ、波音を聞きながら風に揺られてハンモックで本を読むというのはリゾートには欠かせない一つの贅沢の形です。実際、この部屋を選んだのはこのハンモックがあったからでした。

干潮時には、見ての通りかなり水が引いてしまいます。この潮の満ち引きをぼんやり眺めているのもなかなか楽しい。すごい勢いで変化していきます。

このようにオーシャンフロントのヴィラが並びます。この時は一番奥の部屋でした。HPを見ると今年の四月にオーシャンビューバススイートという露天風呂付きの部屋ができたそうで、少し雰囲気も違うそちらの部屋にも今度行ってみようかと思いました。

西向きなので、西表島方面に太陽が沈むのを眺められます。まあ、水平線の彼方まで雲がない夕日にはなかなかお目にかかれないですが。

 

リゾート内探検

と、書いたもののあまり写真が残っていない。。確か水牛とかがいたり、プールもあったし、いろんなアクティビティをやってるエリアがあったりしたのですが。。。

ともあれ、カートに乗って行ってみると、やはり広場などあちこちにハンモックがあります。

エクスクルーシブなビーチ。残念ながらあんまり海は綺麗ではなかった。。海外とは違って、日本は遊泳可能なビーチは囲いがしてあって子供連れには安心なんでしょうが、ちょっと雰囲気ぶち壊しなところが残念です。とはいえこの手のリゾートはどちらかというとファミリー層がターゲットなのだと思うのでそれで正しいのだろうとは思います。

建物の雰囲気はOKINAWA感たっぷり。石垣の感じとか。

ちょっとした庭園風になっています。

夜、敷地内は結構強めのライトがあちこちにあるので、星空は期待したほどではありませんでした。アクティブに西表島なんかにも行ってみようとか思い探検グッズも持って行ったものの、結局リゾートモードで敷地外に出ることもなく滞在を終えてしまったと思います。でもせっかくなので、ちょっと長めに滞在期間をとって、天気の良い時には近くの離島にくり出す旅をするのがよいのだろうと思います。うん、次行く時はそうしよう。