マドリードで泊まる、あのザハ・ハディッド設計の部屋 距離感のない純白の世界で目覚める

ザハ・ハディッドというと、新国立競技場で一躍有名になったあの建築家さんですね。予算高騰の挙句、中途半端に削られて撤回された時のデザインはイマイチでしたが、当初案通りのデザインだったら個人的には結構ありです。僕も昔から建築に興味があるので、建築不可能なデザインで有名なこの方がデザインした部屋があるというのを昔どこかの雑誌か何かで見て、ずっと行きたいと思っていたホテルでした。ホテルはシルケン・プエルタ・アメリカという名で、場所はマドリード。の北のはずれでちょっと交通の便が悪く、かつ治安悪そうな界隈(僕の勝手な印象ですけど)にあるので5つ星にもかかわらずかなりお安く泊まれます。なんでアメリカ?って思ったら、アメリカ通りに面しているからということのようです。


僕が訪れた時は、なにかのレセプションがあり、チェックイン時に超並ばされ、抜かされて、と非常に印象が悪く、もう二度と行かないと誓ったホテルではあるのですが、その分を差し引きさえすれば、面白い部屋に泊まってみたいというニーズには答えてくれるホテルでした。ザハさん以外にもいろんな建築家が階ごとにその人独自の世界観を作り上げるという非常に面白い試みがされていて、何泊もするならいろんなタイプに泊まってみても面白いかもしれません
ホテルの外観

ホテルの入り口

ホテルにはザハデザインのスイートもありますが、スイートの部屋タイプは当日早い者勝ちで選べる仕組みということらしく、ザハルームを外したくなかったので、普通の部屋にしました。ザハフロアは1st フロア(つまり、2階です)。さて、前置きが長くなりましたが、そろそろ見ていきましょう。


エレベーターを出るといきなりザハの世界観全開です。レセプションでの怒りも吹っ飛びました。


この洞穴感。テンション上がリマス。

そしてお待ちかね、これがザハさんの部屋。
全体が白のモルタルで塗り固められた流線型で、ドラゴンボールのナメック星の家を想起させます。ちなみに見た目は無機質な感じですが、下が絨毯で、なんというか、その、、ちょっと臭い。獣臭い。まあ、そこまで不快ではないんですけれども。でもファブリーズしたい感じです。角がなくて全部白一色だと遠近感がなくなるんですね。思わぬところで頭ぶつけたりしました。居住性とかは全く無視しているんだろうなと思います。

 
シャワールーム、伝わるかわからないですが、超、広いです。
これ泳げるやん!と思って水貯めようとしましたが、水栓に隙があって微妙にしかたまらず、断念。多分溢れないようにわざとたまらなくしているような気がしました。


一式まとめられたデザインで、トイレも。この辺りはこだわりを感じます。楽しい。


全くもって座り心地の良くない椅子。ひんやりして夏は気持ちいい。
右側のトロルの舌のような形のところは座ってみたりカバン置いたりして、なかなか使い勝手が良かったです。


収納はここに。扉を開くと中のライトも点灯します。楽しい。

閉じた状態。なのに、収納が丸見え。なんだこれ。楽しすぎる。子供があの隙間に入り込んで顔だして遊んでお母さんに怒られている様子が目に浮かびます。

白一色の世界で目覚めるっていうのは、なんだかものすごく気持ち良かったです。こういう目覚めはありだなと。上にも書きましたが、角がないので遠近感を失う感じ。雲の中で目覚めたのかと錯覚します。これだけを経験しに行くのもアリかもしれません。

このドアノブの持ち手はスペインだけにガウディを彷彿させます。考えすぎ?
そして注目は左のボタン。これを押すと下の写真のようになります。

ドアにライトアップで意思を主張できます。この手の仕掛けはたまに見ますがここまで主張してるのは他にないのでは。

廊下はこの写真よりもずっと暗いのでライトが映えます。微妙にうねっているのもこだわりでしょう。

フロア図からすると部屋数は28ですかね。まあ、ここはそんなに取りづらいってこともない気がします。

すぐ近くには、こんな「昔の」未来的な建築物が建っています。普通に人が住んでいる様子でしたが、それなりに年季が入っていそうで、近づくとちょっと廃墟感がありました。

ちなみに最初、交通の便が悪いとか書きましたが、北に向かうバスが出ているバスターミナルには近いので、そちら方面に行く前日に泊まるには便利かもしれません。というか、僕もそのルートを使いました。スペイン北部、バスク地方の話はまたそのうち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください