大阪でキタとミナミを満喫するならセントレジス 滞在に決まり

大阪の御堂筋線本町駅至近のセントレジス ホテルです。ニューヨーク発祥の高級ホテルブランドで、このブログでも何度か取り上げていますが、バトラーサービスの提供や、ブラッディマリーのレシピを作ったことでも有名な格式高いホテルです。

個人的にはこのホテル界隈に昔住んでいて、よくこの辺りを歩いていたこともあって親近感があるホテルです。この夏に久しぶりに滞在して来たのでご紹介します。

ホテルへのアクセス

ホテルの立地は御堂筋(南北の道路)と本町通(東西の道路)の交差点にあり、まさに大阪の中心ど真ん中と言っても過言ではない場所にあります。

大阪の繁華街はキタと呼ばれる梅田エリアとミナミと呼ばれる難波エリアに分かれますが、ちょうどその中間に位置しているので、どちらに行くにも便利な立地になります。

ホテルは御堂筋線本町駅の真上にありますが、7番出口から一度地上に出てから、ぐるっと建物を回って入り口に到達するのでちょっとだけ歩きます。ただし屋根続きなので濡れません。初めてだと迷うかもしれませんが、もし屋根のないところを歩きだしたら道を間違えているので地図をチェックしてください。

また、本町駅は地下で複数の路線と繋がっていてかなり大きな駅ですので、間違って他の出口に向かわないように気をつけましょう。あと地上に出るには階段を避けられないので大荷物な方は覚悟してください。

ホテル入り口ではドアマンが迎えてくれますが、やはりこのご時世ですから、入館前に消毒を促されます。1階から直結の12階のレセプションフロアに上がりチェックインです。

1階正面(と言っても、御堂筋の裏側)入り口を入ってすぐのオブジェ。右側には本町通りの併設のカフェ(コロナで閉鎖中でした)側に出る出口があり、左側がエレベーターです。消毒マシンが地味に写ってますね。

チェックイン

チェックイン時に、マリオットプラチナのギフトとして、ウェルカムドリンクのブラッディマリー(大阪のはショーグンマリーと言うらしい)かポイントが選べました。まだ酒飲むには早かったのでポイントを選びました。

個人的にこの可愛い虎系の絵がお気に入りです。実物は金箔が貼られているのでしょう、もっとゴージャスな印象です。

フロントデスクの後ろにもどでかい金箔貼りの絵があり、そちらもなかなかのインパクトです。あえてブログには載せませんので現地でご確認ください。

客室エレベーターに行く途中に歓談スペース。この隣にバー、そして外の庭園への入り口があります。

12階にあるホテルの庭園

本町の中心部にこんな空間があるのには初めて来た時にはびっくりしました。この写真は冬に来た時のものですね。木々が枯れています。

大阪市内はこの10年ほどでどんどん高層化が進んでおりまして、久々に来ると見覚えのない高層ビルが何本か見かけます。夜はこの庭の横のバーでシャンパンアワーをやっていました。

グランドデラックスの部屋

東向きの部屋へのアサインです。

裏の洗面エリアがかなり広いスペースが取られているので居住エリアはやや狭いです。もちろんデスクやカウチソファなど機能的に一通りまとまっていて一人で過ごすにはむしろこのくらいがちょうどいい広さ。

こちらは前に冬場に泊まった時の部屋の写真です。同タイプで同じ方角の部屋ですがレイアウトが反転していますね。デスクの並びにテレビが木枠に隠れています。カウチソファに座って見るのがベストポジションですが、これ二人だと席取りが難しいなと思います。ベストポジションの奪い合いになりそう。笑

ベッドはやや固めですが、底付き感は少なく寝心地はよいです。まくらはかなりクッション性が高い、というかもはやクッションのようでした。

なお、南側に高速が走っているんですが、ここを暴走族が毎週末走るので夜中に爆音が聞こえます。昔っからです。いい加減滅びて欲しいですがいつまでも残るダサい文化。。暴走族以外の音も聞こえはしますがそれほど気にならないレベルです。

東側の景観です。気になるのは左手のひときわ高い黒いマンションですかね。ザ・キタハマという名のこのマンションは竣工当時は日本一高いマンションでした。マンションの地下にスーパーがあるのが便利で、僕もよく買い物に行ってお世話になりました。

その右手、白に緑の縦線が入ったこれまた大きなマンションの奥に大阪城があるのですが、残念ながらこの立地では見えないですね。

距離的には、セントレジス からだと大阪城公園を1周回って帰って来たらおよそ6kmを超えるくらいになるかなと思います。大阪城公園は台地の上にあるので、この辺からは少し坂を登るので覚悟してください。

僕もよく走っていましたが、皇居ランとは違ってずっと広い道を走れるのでかなり爽快でおすすめです。春の桜、秋の紅葉や銀杏も綺麗ですので、涼しい季節にチャレンジするのがよいと思います。

先日、百獣の王こと武井壮さんもこのあたりを走ってたみたいです。笑
御堂筋側からセントレジスを見上げた写真ですね、これは。

部屋にはやはりコロナ禍の定番、消毒ジェルとマスクが用意されています。

手書きのメッセージが添えられていました。下手くそな字ですが、かえって誠意を感じますね。

お茶菓子も用意されていました。このレイアウトはわざとなのか、持って来る時にズレたのか微妙なところ。

そして、部屋に入ると程なく部屋に専属のバトラーさんが登場します。部屋の案内やパッキング、アイロンなどなどのサービスを受けられますが、僕は基本的に自分でやりたいのでパス。とりあえずウェルカムドリンクとしてコーヒーを持ってきていただきました。

朝にはお目覚めドリンクとしてまたコーヒーやジュースなどもお願いできるそうです。

冷蔵庫の品揃えは豊富です。

ペニンシュラホテルでお馴染みのバンティーボックスも備えています。この部屋の内外からアクセスできるようになっている小部屋で従業員と接さずにモノのやりとりが可能になっています。

バスルームはリビングの裏手、左右からアクセスできるようになっています。リビングが狭い分、こちらはかなりスペースに余裕があります。

お風呂場も広々です。バスアメニティはセントレジス 御用達のルメードゥ。レインシャワーがない代わりにハンドシャワーの下4箇所についた吹き出し口から横向きのシャワーが出てきます。結構飛び散るので扉は閉めて入りましょう。

言うまでもなくTOTOのウォシュレットです。

ちょっと驚いたのはトイレの畳んだところが箔押しされていたこと。いつもここはシールで止めているイメージでしたが、エコでしょうか。シール剥がすと下の紙が破れるし、トイレに流していいものか悩む(多分ダメ)ので、こっちの方が好感持てます。

とか思ってたら予備の方はシールが貼ってました。なるほど。

クローゼットスペースは入って正面に鏡があり、左右に別れているよくあるタイプ。

フィットネス

大阪のセントレジス にはプールはありません。8月現在では、フィットネスは一度に5名までに制限しているということで、アクセスする際はフロントでカードキーを受け取って出入りします。

と言っても、僕が行ったときは誰もいませんでしたので独占状態。それほど広くはありませんが、一通りの機材は揃っています。

もちろん水や消毒グッズなど取り揃えられております。

フィットネスからは北側、淀屋橋、梅田方面が見渡せます。植樹のある上下にまっすぐ走る道路が御堂筋ですね。このあたりは基本的にオフィス街ですが、超高層マンションが続々と建設されており、意外と住んでいる人がいます。というか僕も昔この視界の中に住んでいました。

左奥手に角にRがかかった2本のビルが比較的最近できた中之島のフェスティバルタワーで、左側の上層階にはコンラッドが入っています。そちらにも滞在してきたのでまた今度レポートしようと思います。

朝食はイタリアンレストラン「ラ・ベデュータ」にて

現在、ビュッフェは休止中で、和食とアメリカンから選択する方式になっています。

オープンキッチンです。下手すると客より多いスタッフのみなさん、黙々と働いています。ビュッフェがあった頃はこの左手側のスペースに料理が並んでいたと思います。

フルーツやチーズ類などは写真正面の台車で運んできてスタッフの方が給仕してくれます。これは東京のリッツ・カールトンなどと同じスタイルですね。パンはまた別で持ってきてくれます。

エッグベネディクトは、アボカドにカニとちょっと珍しい組み合わせ。もちろん美味しい。

カフェラテを頼んだらこんな可愛いラテアート付きでした。聞けばこちらはポルトガル人のお姉さんが入れてくれたということでしたが、入店時にとても気持ちいい挨拶をする外国人の方がいるなと思ったんですが、その方でした。

その他の従業員の方々もテキパキと給仕をこなしつつ常連らしきお客さんとの会話なども楽しんでいる様子でして、総じてサービスが行き届いているように感じました。朝から美味しいご飯と、いいサービスを受けるととてもエネルギーに満ち溢れます。ここはまた何度でもリピートしたい。

周辺観光は心斎橋筋を南下がおすすめ

最後に元地元民として観光のおすすめを。

セントレジス から徒歩で観光するなら、ぜひこの通りをまっすぐ難波まで歩いてみてください。ホテル正面出てすぐ右側です。この先ずっと、グリコの看板でおなじみの引っかけ橋のあたりまでアーケードの商店街が続くので雨の日でもさほど濡れずにすみます。

左の自販機の横の玉五郎というラーメン店(チェーンなので市内でちょくちょく見ます)も地味におすすめです。冬場、ここにはよく通っていました。

冬場はイルミネーションでライトアップされた街路樹を見ながら大阪のシャンゼリゼ御堂筋を歩くのもいいですね。これまた南下していくとどんどん人の賑わいが大きくなっていきます。

逆に北に向かうと大阪市庁前を通って梅田までいけますが、歩くならせいぜい中之島までで十分かなと思います。基本的にはビジネス街なのであまり見所はないです。(適塾跡とか幕末好きな方はご自由に)

以上、ちょっと長くなりましたがセントレジス 大阪滞在でした。冒頭にも書いた通り、ここはキタへ行くにもミナミに行くにもアクセス抜群ですし、サービスのクオリティも高いので大阪滞在の拠点にとてもいいホテルだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください