ザ・プリンス京都宝ヶ池のクラブルームに滞在

昨年10月より、旧グランドプリンスホテル京都がマリオットのオートグラフコレクションに加盟するとともに、プリンスホテルのフラッグシップブランドである「ザ・プリンス」にリブランドして営業を開始しています。以前このブログでも取り上げた東京のザ・プリンスさくらタワーと同じブランド戦略ですが、主に海外客をターゲットに集客を目指すものと思われます。

正直、ここは京都市内観光には使いづらい立地なのですが、少し市内の喧騒から離れて、また貴船神社や鞍馬寺などに足を伸ばすのであれば候補にしてもよいかなという感じです。なお、僕が行った時はがけ崩れの影響で鞍馬線の貴船口方面行きの電車は運休中でした。おそらくこの記事執筆時点でも動いていないと思いますのでご注意ください。

ホテルへのアクセス

ホテルは京都市中心からはやや北部に位置する左京区の宝ヶ池公園のそばにあります。国立京都国際会館が併設されており、ここに集客する海外からの顧客がメインターゲットになるホテルだと思います。僕が滞在したときもホテルに隣接する国立京都国際会館のイベントに参加するであろうVIP客の対応にホテル従業員が追われている様子でした。

京都駅方面からは、タクシーだと結構かかる(二条城あたりからで3000円弱)ので、電車で市営地下鉄烏丸線の国際会館駅まで行くのがよいと思います。叡山電鉄の岩倉駅や八幡前駅、あるいは宝ヶ池あたりもありですが15分ほど歩くことになると思います。

岩倉駅横を流れる岩倉川は蛍が生息しているらしいので、夏場は夜にちょっと探検してみてもよいですね。

ホテルは大きく円筒状になったレイアウトで、このように内部に庭があります。部屋はすべて外側に向いて配置されています。

このように廊下は円筒部をぐるっとまわるようになっていて、カーテンのついた窓から中庭が見渡せます。

部屋の扉には、コロナ禍ではじまったプリンスホテル共通の清掃済みシールが貼ってあります。はっきりいって無駄な取り組みですが、これいつまで続けるつもりなんだろう。

クラブキングの部屋

アサインは最上階の8階、クラブアクセス専用の部屋でした。(ラウンジは1階)

40㎡と、そこそこの広さです。テーブルがやや小さい上にテレビが正面についているので、ちょっと作業をするには使いづらかったです。まあ、ビジネスホテルによくあるレイアウトですが、このスペースを活かしてもうちょっとデスクは広くしてほしかった。

窓を開けると、公園の緑が目に入ります。自然に囲まれている感じが結構落ち着きます。部屋には空気清浄機と洗浄スプレーがありました。

窓の外、左手に国際会館が目に入ります。わりかし奇抜な建物です。なんとか特区の構想で京都市内の外れにはこの手の施設がいくつかありますね。

右手には駐車スペースとずっと煙をあげてる煙突が見えました。

机の上にコンセントが出ていて便利と思いきや、この位置から動かせないので普通のプラグが差し込めない。。。結果、デスクではパソコンを電源につなぐことができないという。。もちろんUSB用の電源プラグもありません。最近は大概のビジネスホテルでもついているので、リニューアルで用意して欲しかったところですが。。ということでこの滞在時は結構電源で困りました。

テーブルにはお水と、折り紙細工。入り口付近の鏡の前には折り鶴もありました。

コーヒーはネスプレッソではなくレギュラーコーヒータイプ

テーブルの下にミニバー。

はい、でました。冷蔵庫と棚の扉の方向が逆のパターン。発注ミスと思われ。。。上のコンセントといい、リニューアル時にちゃんと考えずにやっちまったやつでしょう。まあ、冷蔵庫の方は使えるのでご愛嬌です。

クローゼットにはバスローブなど。

パジャマはこちらです。着心地はなかなかよかったです。

バスルームは扉がなくちょっと珍しいレイアウトです。ドレッシングスペースがあり、なんとなくプリンスホテルっぽさは感じます。

アメニティは一揃え充実しています。ひのきの香りのバスオイルも。

洗顔セットもついていますね。

バスルームはユニットタイプ。まあ、一昔前の4つ星ホテルって感じですね。特に不自由はないです。

クラブラウンジ

ラウンジは1階のこの右手の扉の中がそうです。

ラウンジ外には、日本庭園が目に入ります。秋口などここでのんびり外を見るのは良さそうです。もちろん冬枯れの景色もなかなかでした。

裏千家のお作法での抹茶が提供されているということでしたが、一仕事終えてアクセスしたタイミングではアフタヌーンティータイムが終わって片付けているところでした。残念。写真奥のスペースで軽食やドリンクなどが用意されています。雰囲気はさくらタワーと似た感じですね。

ドリンクスペースはこちら。写真の左手に時間帯によって違う軽食が並び、右手には冷蔵庫に缶ジュースや缶ビールなど。

カクテルタイム

小鉢が並びますが、夕食にするにはかなり物足りないかなと思います。

カクテル類は作ってもらえますので、こちらでオーダーしてください。

朝食

朝食は卵料理もあり、十分満足のいくレベルです。しっかりいただいて1日の活力を蓄えましょう。

マリオットボンヴォイ会員向けの情報

こちらのホテルでは、プラチナ以上の会員の方は例によって1000ポイントのウェルカムポイントまたはウェルカムギフト。クラブラウンジの利用、16時までのレイトチェックアウトなど標準的な会員サービスが全て受けられます。ラウンジのクオリティは上でみた通り、シェラトンやマリオットあたりと比較してやや劣るレベルだと思います。

また、ここはカテゴリー6なので無料宿泊特典を獲得している方はその対象にもなり、通常価格は京都価格(東京都比べてもかなり高い)なのでコスパ的にはお得です。ただ、正直、このホテルを選ぶなら下記記事にも書いた通り、時期は選びますがザ・ミツイの方が断然オススメですね。

【電話不要・アプリ不可】マリオットの無料宿泊特典のWEB予約方法とオススメの宿泊先

まとめ

かなり用途が限られるホテルではありますが、マリオットあるいはプリンスホテルの会員の方であれば訪れることもあるのかなというホテルですかね。ヨーロッパの城じみた面白い外観や庭など、見所は多少あるようには思います。個人的には貴船神社巡りに便利かなと思って行ったものの交通封鎖で行けず、、リベンジしようとは思っていますが、まあ、正直、次は滞在先は別にするかなという感じでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください