ザ・プリンスさくらタワーの東京タワービューの部屋とクラブラウンジ

前回のプリンスパークタワーと同じくプリンスホテル系列のホテルですが、こちらのホテルはマリオットブランドの一つ、オートグラフコレクションに加盟しており、マリオットの会員であればその特典を利用することができます。

特にプラチナ以上の会員であればラウンジの利用や無料の朝食、16時までのレイトチェックアウトなどの特典があり、お得に滞在することができます。

プリンスパークタワー と同じくフォーブストラベルガイドで4つ星を獲得しておりますが、こちらは新幹線が停まる品川駅に位置するため、関東以西からの旅行客の方にはより使いやすいように思います。ただ、料金設定はかなり強気です。

また、この界隈にはグランドプリンスホテルなど複数のプリンスグループのホテルが立ち並び、その広大な敷地の中に日本庭園があるのもユニークなところですね。秋の紅葉、春の桜など楽しめると思います。

ホテルへは品川駅から街道を渡り、さくら坂という通り(福山雅治の桜坂はここではありません)を登って到達します。ほんの5分ほどの道のりですが、雨が降っているとちょっと濡れるので、雨が降りそうな時は品川プリンスあたりを選びがちなのですが・・・

ホテル1階のエントランスを入ると、セントレジス 御用達のルメードゥの香りが漂います。これ、紀尾井町のプリンスギャラリー の廊下も同じ匂いがするのですが、紀尾井町の方は以前、ルメードゥをアメニティに採用していたのでわかるのですが、なぜこのホテルのエントランスがこの匂いがするのかちょっと不思議です。

エントランスの生け花など日々交換されており目を楽しませてくれますので必見です。

タワーサイド・デラックスキングの部屋

このホテルは以前から何度か泊まっているのですが、いつも東京タワービューなので逆サイドの景観は分かりませんが、大規模ホテルが林立するのであまり良い眺めではないだろうとは思います。ぜひタワーサイドの部屋を予約しましょう。

部屋の避難経路図にカードキーホルダーがあるのはここ以外で見たことありません。ここに入れてたら却って持っていくの忘れそう。笑

正面に旧竹田宮邸洋館が見え、そのずっと先に東京タワーをはじめ港区の景色が広がります。ガヤガヤしがちな都会の風景を正面の邸宅が引き締めてくれる素敵な構図です。

ちょっと肉眼だと東京タワーは遠いかな。拡大すると東京タワーの左には見切れているオークラエディション虎ノ門、右には虎ノ門ヒルズのアンダーズと高級ホテルが並ぶのが分かります。ずっと左手の方にはリッツ・カールトンなんかも視野に入りますね。

見取り図の通り、中央まっすぐの廊下タイプなので直線が気持ちいい廊下です。ただ、ここの廊下、換気が悪くて染み込んだオヤジ臭がするんですよね。安いビジネスホテルの臭いと同じなので、ここは改善余地ありと感じます。

いつも書いていますが、コロナ禍で定番になった意味あるのかわからない掃除しましたシールが扉に貼っています。プリンスホテル共通のブルーのデザイン。

部屋は無臭ですので安心してください。床の絨毯にもサクラのデザインがあしらわれています。

コーヒーはネスプレッソではなく、ネスカフェのドルチェグストです。これ、4つ星クラスのホテルで見る印象ですね。

定番のミニチュアウイスキーやお菓子類。日本のお菓子にした方が海外の方には受けがいいと思うのだけど。

冷蔵庫の品揃えも充実してます。

トイレはTOTOではなくINAX。もちろん全く不満はないのですが、高級ホテルはTOTO、ビジネスホテルはINAXと棲み分けされていると思うので。。

クローゼットは狭いですが、スーツケース台は部屋にあります。ちゃんとアイロン等一通りの設備は揃っています。

プリンスパークタワー とは違い、こちらはパジャマだけでなく浴衣もありました。

お風呂はジャグジーつきです。これはプリンスパークタワー と同じですね。まあ、地下のブロアバスに行っちゃうので使わないんですけど。

アメニティ類はプリンス系共通のもの。

バスアメニティの臭いは控えめ。どこかで嗅いだことのある匂いだなと思ったら、裏にペリカン石鹸製と書いてあり、同じくペリカン石鹸のアメニティが採用されているアンダーズ東京のものと似ていることに気づきました。

アンダーズのはもうちょっと麹っぽさを感じる香りでしたが、こちらのは「国産の桜・宇治抹茶・よもぎエキスと椿油を配合。心を和ませる華やかな、桜の木の香りです」とのことです。そう言われてみれば桜っぽい印象になってくるのが不思議です。

エグゼクティブラウンジ

1階のフロントからエレベーターホールに向かう廊下の途中にラウンジがあります。マリオットのプラチナ以上の会員の方は専用のカードキーを渡されて、こちらで過ごすことができます。営業時間は下記の通り。朝食は、ラウンジではなくラウンジ正面のレストランでの提供です。

  • ティータイム  10:00-17:00
  • カクテルタイム 17:00-19:00
  • ナイトキャップ 19:00-22:00

それほど席数はありませんが、広々と使えます。ティータイムの時間ですが、ちょっとしたお菓子などがテーブルに並びます。

ドリンクはセルフサービス。お茶やコーヒーなど。

冷蔵庫にはアルコール類も含め一通りの種類が揃っていますね。カクテルタイムにはオードブルなども出ると思いますが、外出していたので写真ありません。なかなか品川を使うときに夕方ホテルにいることが少ないんですよね。また次の機会にチェックしてきます。

朝食 リストランテ カフェ チリエージョ

朝食会場は1階です。和洋食から選べますが、和食を選んだ場合はプラチナ会員でも別途料金がかかります。

洋食のメニューはこのようなセットです。卵料理は選べたかな、ちょっと記憶が

ジャグジーとドライサウナ

地下にはかなり設備の充実したフィットネスジムと、サウナ&ブロアバスがあります。この温浴施設にはジムでロッカーキーを受け取ってアクセスします。

ここはホテルのサウナにしては設定温度が高めで結構熱いのですが、木の香りが心地よくなかなか居心地が良いです。ミストサウナもあり、写真の奥に見える休憩スペースもあってゆっくり過ごせるかなと思います。ただ、水風呂がないのだけが残念でした。

まとめ

前回のプリンスパークタワー 東京と比べつつ見てきましたがいかがでしょうか。アクセスの良さからか、ホテルの値段設定的にはこちらの方が高いのですが、グーグルの評価はパークタワーは5つぼしでさくらタワーは4つ星です。実際、宿泊した体感としてもその評価が妥当かなと思います。

客室階の廊下の臭いを除いては総じて満足のいく出来ではあるので、品川を拠点に行動するのであれば十分に候補になるホテルかなとは思います。僕もマリオットの宿泊数稼ぎにもちょうど良いので、今後もなんだかんだ言って使っていくホテルの一つかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください