フェルメール所蔵美術館巡り

日本人に大人気のフェルメール。昨年(2018年)からやっているフェルメール展では何と9点もの作品が日本で見られるということで例に漏れず僕も昨秋行ってきましたが、やはり大混雑の中、管理も厳しい日本の貸し出し展示ではなかなかじっくりと至近距離で作品鑑賞と言うわけにはいきません。しかし現地に行けば運が良ければ誰もいない中、じっくり心ゆくまで見ていることもできます。ということでこれまで海外各地の収蔵美術館で実物のフェルメール作品を見て回ってきた記録です。

現在開催中のフェルメール展@上野の森美術館外の看板。

ちなみに僕がフェルメール作品を初めて見たのは2000年。大阪市立美術館でやっていた「フェルメールのその時代展」の目玉作品としてやってきた『青いターバンの少女』でした。古典美術の本物を見たのもほぼ初めてで、美術館のライトに照らされたヒビの入ったマチエールの輝きに、こんなに力がある絵があるんだと衝撃を受けた記憶がぼんやりとあります。当時、テレビでも特集が組まれてたりもしていて日本でのフェルメール人気はこのときからなのではないかと推測しています。

さて、前置きはここまでにして写真ストックから並べてみます。

アムステルダム アムステルダム国立美術館

まずはこちら有名なI amsterdam の前にある美術館ですね。この美術館は多くのレンブラント作品を所蔵していますが、フェルメールも4枚もあり、何とここに行くだけで全フェルメール作品の10%を見ることができてしまいます。

フェルメール作品の展示エリアですが、見ての通り、とにかく人だかりです。このフロアには、美術館最大の目玉であるレンブラントの『夜警』もあり、その流れから人が絶え間なくやってくるのでなかなか落ち着いて鑑賞できませんが、そこは根気との勝負。中央と両端がフェルメールですが、この3枚が同時に人の頭で隠れないタイミングを狙ってずっとカメラを構えていました。

『牛乳を注ぐ女』

1658−1660年頃 油彩・カンバス 45.5 x 41 cm

フェルメールの作品の中でもターバンの女と並び最も有名と言ってもよい絵ですね。こちらの作品は何度も来日しており、今般の上野の展覧会でも目玉作品として取り扱われております。ゴツゴツした画面に力強さを感じます。

『青衣の女』

1663年頃 油彩・カンバス 46.5 x 39 cm

フェルメールの代名詞である青色がとても美しい絵です。ゴリゴリした質感ではなくなだらかで静かな画面。個人的に一番好きな絵です。

『小路』

1658年頃 油彩・カンバス 54.3 x 44 cm

フェルメールの2点しかない貴重な風景画。言われないとフェルメールと気づかずに素通りしてしまいそうですが、見落としてはいけません。しかしなぜかちゃんと写した写真が残ってなかった。。

『恋文』

No Photo・・・ 

1669年-1970年 油彩・カンバス 44 x 38 cm

この絵は僕が訪れたタイミングでは展示されていませんでした。4点も持っているので1枚くらいは常時貸し出しされていても不思議ではないですが、残念。

パリ ルーブル美術館

言わずと知れた世界でも最も有名な美術館。名画、名品がこれでもかというほど並んでおり、1日や2日ではとても回りきれません。こちらには2作品があります。

リシュリュー翼の奥にあり、朝一のタイミングで行けばこの通り、ほぼ人がいない状態での鑑賞が可能です。その時間帯で見かけたのは日本人と中国人数名だけでした。真ん中にレースを編む女、その右手に天文学者が並びます。ちなみにルーブルは朝の開場前からセキュリティチェックで大行列が出来るのですが、ピラミッド前の正面ではなく他の入り口から入るのが正解です。

『天文学者』

1668年 油彩・カンバス 51.5 x 45.5 cm

なんというか演劇的なポーズですね。この体制はモデルさん結構腰に来るだろうなとか思ってしまいます。他の絵にもよく出てきますが布の表情がとても綺麗だなと思います。非常口のライトが写り込んでしまっているのが残念。ルーブルは結構外の光を取り込んでいるところが多いのですが、その映り込みも結構ある気がします。

『レースを編む女』

1669年-1670年頃 油彩・カンバス 24 x 21 cm

存在感のある額縁に収まったとても小さい作品です。筆致を知るにはかなり近づいて見る必要があるので、これは作品との距離を取られる日本に来てもまともに鑑賞できないだろうなと思います。至近距離まで近づけるルーヴルだからこそじっくり鑑賞できます。

ロンドン ナショナルギャラリー

イギリスの水彩の巨匠ターナーをはじめ、多くの傑作を収容する美術館です。巨大なライオンの像で有名なトラファルガースクエアを目前に凛とした佇まいのいかにも美術館らしい美術館。

こちらのブルーの間に2枚並びます。

『ヴァージナルの前に立つ女』

1670年-1672年頃 油彩・カンバス 51.7 x 45.2 cm 

珍しい右向きの女性。ぱっと見た時これもフェルメールなの?と思いましたが、確かに布の質感や左窓からの採光と特徴を備えています。

『ヴァージナルの前に座る女』

1670年-1672年頃 油彩・カンバス 51.5 x 45.5 cm 

上の絵とほぼ同サイズで左右反転で製作時期も似た頃なので何らかこの2枚に関係性があるのかななどと思いを巡らせます。が、ナショナルギャラリーのこの2枚はフェルメールの中でそんなによくない部類な気がします。あれフェルメールか、ととりあえず写真に収めてターナーの傑作、『Rain, Steam and Speed』や『戦艦テレメール』あたりに圧倒的に時間をかけた記憶があります。

 

フランクフルト シュテーデル美術館

ルーヴルの天文学者と対をなす地理学者を所蔵していますが、残念ながら僕が訪れたタイミングではどこにも見当たらず、どこにあるのか係員に聞いてみたらアメリカに貸出中とのことで、実物を見ることは叶わずでした。まあ、フランクフルトはトランジットの機会がよくあるのでそのうちまた。

『地理学者』

No Photo・・・

1668年 油彩・カンバス 52 x 45.5 cm

ベルリン 絵画館 

クラシックの殿堂、ベルリンフィルと同じ一画にあり、このあたりに宿泊すれば昼はアート、夜は音楽と素晴らしく高尚な一日が過ごせます。

ということで年末に行ってきたのですが、こちらの2点の収蔵作品は両方まとめて来日中です。(ええ、もちろん知っていましたとも・・・)

『真珠の首飾りの女』

1662年-1664年 油彩・カンバス 55 x 45 cm

来日中ということで、代わりにこんなポストカードが置かれていました。1枚お土産にもらってきましたが、英語版には下記のメッセージが書かれていましたが、とても粋な計らいだなと思いました。

「Greetings from Tokyo!
Vermeer’s ‘Glass of Wine’ and I have arrived safely after more than 24 hours of travel. We’re at an exhibition here and people are very exited about us…
But actually, we’re looking forward to seeing you again in Berlin in mid-February 2019!
Yours sincerely, Young Woman with a Pearl Necklace」

ミュージアムショップにはこの作品をモチーフにしたグッズが色々売られていましたよ。

『紳士とワインを飲む女』

1658年-1660年 油彩・カンバス 66 x 76 cm

『真珠の首飾りの女』と同時に来日中。ブログ冒頭の看板写真の右下の絵です。

ドレスデン アルテ・マイスター絵画館

ドイツはザクセン地方の都市ドレスデンにもフェルメールが2枚あります。王宮の建物に併設された博物館の一つ。やはり音楽の都ドイツです。昼間にはあちこちの街角でこんな感じで音楽が流れています。

  『取り持ち女』

1656年 油彩・カンバス 143 x 130 cm

この絵は1月から来日中ですので、今現在フェルメール展で見ることができますが、みなさんよりお先にじっくり鑑賞してきました。赤服のおじさんの持つコインの先が白光りしているのがとても印象的な絵なのですが、写真では全く伝わらないですね。大胆な赤といい、大きなキャンバスサイズといい他の絵とはちょっと違った趣があります。

展示場所はこのような片隅で下手すれば見逃しそうな位置どりです。のんびりみていましたがその間、誰もやって来ずとても贅沢な時間を過ごさせていただきました。

 『窓辺で手紙を読む女』

1657年-1659年 油彩・カンバス 83 x 64.5 cm

美術館の出口付近にこんな立て札が置かれていました。こちらの絵は渡独前に上野で見ましたが、現在修復中ということになっているようでした・・・。ちょっと不誠実な気がしますが、見れないことには変わりありませぬ。

ウィーン 美術史博物館

この写真の中に映るクリムトの壁画でも有名なウィーン市内にある美術史博物館にもフェルメールが1点あります。

『絵画芸術』

1666年 油彩・カンバス 130cm x 110 cm

小道具の多いこの絵はいろんな寓意が込められているということですが、そういう意味合い以上にやはり絵的に完成度が高いなと思います。この展示の後ろには複数のレンブラントが並びますし多くの名作が所狭しとありますが、ひときわ目を引くこの作品の前は人だかりが度々できていました。

 

以上、今のところ見ての通り欧州ばかりで、しかも行ってみたけど貸し出し中のケースも多くまだまだ全作品踏破までは長い道のりです。特に意外と行けていないかなりの数が存在する北米にもこれからチャレンジして10年くらいかけてのんびりと制覇していこうと思っています。ライフワークの一つですね。ということで、また増えたら気まぐれに更新していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください