W大阪のスペクタキュラールームから大阪城が見えた

前回の投稿でホテルの部屋以外の情報をまとめたので、今回と次回で泊まった部屋の情報を記事にしてみたいと思います。まず今回はスペクタキュラールームから。Wホテルは部屋の呼び名が独特で、名前から部屋のタイプを想像できないのが厄介なのですが、下記表の通りこちらはスイートではないノーマルタイプの客室の角部屋のお部屋ということになります。

  • コージールーム(ツイン/キング) | 40平米 | 6−17階
  • ワンダフルルーム(ツイン/キング) |40平米 | 18−27階
  • スペクタキュラールーム(ツイン/キング) | 42平米 | 6階ー27階 角部屋
  • ファンタスティックキングスイート | 60平米 | 7階ー12階 
  • マーベラスキングスイート | 80平米 | 6階ー27階
  • WOWスイート | 120平米 | 不明
  • エクストリームWOWペントハウススイート | 200平米 | 不明

26階 スペクタキュラーキングルーム

今回アサインされたのは26階の高層階。見取り図の下側が御堂筋沿いの東向きです。部屋のサイズから左側の角2つがマーベラススイート。そして右上のノーマルの部屋(ワンダフルルーム)3つ分がWOWスイートだとわかります。26階には200平米の部屋がないということは、エクストリームWOWペントハウススイートは最上階の27階にしかないのだろうなと思いますがどうでしょう。

偶数階は青のフロア

Wホテル大阪では、奇数階と偶数階で基調色が異なります。26階フロアの写真ですが、見ての通りブルーのライティングです。奇数階はレッドなので、もしお好みがあれば奇数階か偶数階か予約時にお願いしてみるとよいと思います。(レッドフロアは次の記事でレポートします)

ルームキーもブルー系のものが渡されました。

リビングルーム

部屋の様子はこちら。ソファ席に加え窓際のチェア、カウンターテーブルとモードに分けて使い分けられる空間が揃っています。ソファ後ろの鏡が効果的で部屋の実寸以上に広く感じます。

外を向くとこんな感じ。やはりコーナールームは視界が広くて気持ち良いです。バスエリアや収納に結構なスペースを割いているのでリビングスペースは部屋の平米数からするとやや狭いのですが、外の借景の効果でむしろ広く感じるくらい。左の方にはセントレジス大阪(白い大きなビル)が見えますね。この写真には写っていないですが、この方面にはザ・リッツ・カールトン大阪コンラッド大阪なども視界に入ります。

テレビの右下にはWフロアにディスプレイされていたこけしがふたりレイアウトされています。固定されているので無理にひっぺがさないように!(開業わずか1週間ですでに外されていました。)

ライティングにはエスケープモードというのがあり、押してみるとWらしさ満開のテンションが上がるライティングに変わります。フロアカラーの通り青基調のライティングだったので奇数階は赤く光るんじゃないかな。

この部屋で一番よかったのは窓に面したカウンターテーブルですね。ここで景色を見ながらパソコンを開くとめちゃくちゃ仕事が捗ります。東向きなので朝日が射しこむ朝はちょっとまぶしいのですが、逆に夕日が当たって赤々と染まっていく心斎橋のビル群と青く染まっていく空をここで眺めているのが最高です。

テーブルのカラーも面白い。光を反射して不思議な色を発します。カウンター上のグラス棚も同じようにグラデーションするガラスがすごくきれいです。ソファの上のクッションもW Osakaオリジナルのデザイン。青い方は後ほど出てくるクローゼットのデザインと同じものです。

ベッドサイドにコントロールがまとまっています。この下の棚が金庫でした。こんなところについているのは珍しいなと思いました。部屋の案内の紙などはなく、すべてWEBかテレビで見る最近流行りのエコスタイルなので、見かける紙類はここの小さなメモパッドと案内書きが数枚程度。

逆サイドには、コロナグッズ。よく見るスティック式の消毒スプレーとマスク。

ミニバー

ミニバーのお酒は定番ものがずらりと、Wオリジナルのジンなど。そういえば最近、サントリーの「六」はどこ行っても置いてますね。DRINK UPのラベルのかかっている左のは無償のお水です。ペットボトルでないホテルも増えてきました。

カウンター台の引き出しを開けるとカラフルなスナック類など。いろいろあって楽しげな気分になります。海外製のお菓子しかないホテルが多くて残念なんですが、ちゃんと日本製だけどちょっと普段見かけないものもセレクトされていて好感が持てます。もちろんネスプレッソが置いてあるのでカプセルもありますね。

アートオブティーの茶葉。高級ホテルでたまに見かけますが、ちょっと変わったフレーバーが楽しめるので結構好きです。

冷蔵庫も流行りの引き戸タイプ。こちらもやはり珍しいドリンクが並びますね。ノルウェーのVOSSの水も。

部屋からの眺望

夕日に照らされる大阪中心部。窓にベッド頭上のオブジェの光が当たって輝く月のようです。このくらいの高さから見ると大阪市内が碁盤の目のように区画整備されていることがわかりますね。この眺望はセントレジス大阪やロイヤルパークホテルアイコニック大阪の東向きの部屋からも似たような景色が見えると思います。

もしかしてこの高さなら見えるかもと思って上の写真のさらに左手、北東方向にズームして見つけました。ビルに阻まれてはいますが大阪城の天守閣のギリ最上階が視界に入ります。この感じだとおそらく見えるのは25階くらいまでじゃないですかね。なんか得した気分です。

北側の窓から見下ろすと、お隣の区画の難波神社も見下ろせませす。桜が咲き始めでした。

しかしこのビューの主役はやはり御堂筋。北から南に一直線に流れていく車の流れはずっと見ていて見飽きません。タイムラプスで撮影してみると、信号で時折止まりつつ東西に動く車の様子がまるでパチンコ玉が流れ落ちてくるようで面白い。

信号が青のタイミングを見計らって長時間露出で撮影してみるとこのとおり、真っ直ぐ流れていく車のライトが残る道路の写真が撮れました。一方通行だからこその信号の点滅や車のブレーキランプの赤が映らない珍しい写真。ちなみにこの部屋からは見えない南向きの道では逆に信号とブレーキランプの赤と青のライトがこれまた面白いのですが、それは次回のマーベラススイートの記事で書きます。

ピクセルアートのクローゼット(カラー)

クローゼットを開けるとカラフルな壁紙が飛び込んできました。開けた瞬間、ケバケバしいのでちょっとびっくりしますが、よく見ると大阪の名所をあしらったピクセルアートです。登場人物たちそれぞれに楽しげな様子で見応えありました。ぜひクローゼットにこもってじっくりと堪能してみてください。

バスローブはふわふわで着心地最高でした。ちょっと静電気は帯びそうなので冬場の着用は要注意だなと思いましたが。

青い袋はアイロンが入っています。この袋も奇数階は赤でしたね。シューポリッシャーやスリッパなどなど一通り高級ホテルの定番グッズは揃います。

バスルームはもちろんビューバス

北側を向いたビューバス。タオルの前に置いてあるのはクレンジングクリームとボディローションですが、いつもWで見るBlissではなく、Wホテル大阪オリジナルのものでした。ちょっと渋い薬草のような香りがします。

左手の黒いガラス戸の中にシャワールームがあります。が、ちゃんと写真撮ってなかった。。もちろんレインシャワーとハンドシャワーありです。部屋の方が平米数の割に狭く感じましたが、シングルシンクですがこのエリアに結構スペースを取っているからですね。部屋の方は外の借景で広く見えるのでよいレイアウトだと思います。ただ夜はちょっと寒かった。

奥に見える扉が先程のクローゼットで、右側がトイレです。

バスルームの方にはこれまたWホテル大阪オリジナルのシャンプー類。こちらはイタリアのダヴィネス社のヘアケアブランドの中でもドライヘア向けのMOMO(モモ)というブランドです。僕はほんのり洋梨のような匂いを感じました。が、ダヴィネスのサイトを見ると、「いちじく、シクラメンにジャスミンやシダーウッドが香る、フルーティーでみずみずしい香りのブレンドです。」とありました。。いずれにせよ、これは万人受けしそうな香りです。

探したら公式サイトより安く楽天にありました。Amazonでも見つかりますが転売でかなりお高い。。

モノの名詞ではなく、モノがどうやって使って欲しいか語りかけてくるパッケージがWならでは。部屋にあったマスクもWEAR MEでしたね。パッケージのスタイルは同じですが、いつも海外で見るパッケージはシルバーのプラスチック包装だったのでちょっと雰囲気が異なります。

中を開けてみると歯ブラシやクシなどは最近トレンドの木製だったので、これまでのプラスチックのパッケージをブランド全体で変えてきたのかもなという気がしました。と言いつつ、バスアメニティはW大阪オリジナルだったのでここだけかもしれません。気になるので海外渡航できるようになったらリサーチしてこようと思います。

トイレはオーソドックスなTOTOのウォシュレットですが、替えのトイレットペーパーがバックアッププランというのが面白いですよね。

まとめ

以上、今回はW大阪のスペクタキュラーキングルームの滞在記でした。が、実はこの滞在時、マリオットのスイートナイトアワードを使って本当はマーベラススイートに泊まれるはずだったんですが、チェックイン時に変更してもらった結果のこの部屋での滞在でした。

当日、ちょっと早めに到着したらまだ前の客がチェックアウトしてないということで、部屋の清掃がチェックイン時間に間に合わない可能性があるということで、、15時からテレビ会議の予定を入れてしまっていたので遅れるとまずいという話をしたところ、すぐに入れる部屋をということでこちらに変更してもらったという経緯でした。

結果的にスイートで用意いただいていた部屋よりも眺望のよい部屋でしたし、部屋の設備的にも十分満足したのですが、チェックアウトしてみてやっぱりスイートも見たいなという気持ちが盛り上がり、、予定していた大阪滞在を引き伸ばして翌週、マーベラススイートにも泊まって散財してくることになりました。笑

ので、次回はそのマーベラススイートの滞在記に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください