ザ・リッツ・カールトン大阪から再開発の梅田北を望む

今回は大阪のリッツ・カールトンです。特徴的な外観の超高層ビル1棟丸々使ったぜいたくなホテルですが、1997年開業とちょっと古いこともあり、再開発が進む梅田地区周辺には並び立つ高層ビルがどんどんできてきて低層階だとちょっと眺望は微妙かもしれません。

この滞在では37階の最上階北向きの部屋で過ごしてきましたので、その眺望がどうだったのかレポートしていきます。

大阪の5つ星ホテル情報はこちら >【アフターコロナ】大阪の5つ星ホテルおすすめランキング

ホテルへのアクセス

最寄りの大阪駅からは地下道でアクセスできるものの、ちょっと距離があるので夏場は結構汗をかいてしまいます。

伊丹空港からのリムジンバスはホテルのすぐ隣のハービスプラザ(東側のENT)のバス乗り場に到着するものがあるので、空路でアクセスされる方は電車よりもリムジンバスを選ぶのがよいと思います。

大阪駅地下は巨大な迷路なので地下を歩く場合は標識など見ながらルートを外れないように気をつけましょう。こんな不思議な動物たちが戯れる広場を通れば正解です。昔はここ水が流れていましたが、いつの間にやらこんな姿に。

外にアクセスする出入り口はこちら。飲食店などが豊富な福島駅方面に行くのであればここから外に出て歩きます。ライオンが寝そべってますね。

こちらは1階にあるオーナーバー。この時は空いていましたが、昼間はピアノの生演奏の中、アフタヌーンティーを楽しむ人で満員でした。

オーナーバーやショップを抜けて行くとこちらの広間に出ます。右手がフロントですが、部屋の準備がまだだということでここで座って待ちました。

エレベーターホールまで全体に貴族趣味な装飾でした。90年代までの高級ホテルはこの手のデザインが多いように思います。

客室フロアの廊下の先には窓があり光が射し込む廊下でした。フロント階とは雰囲気が変わります。

マリオットプラチナ特典

下記は提示されたMarriott Bonvoyのプラチナメンバー特典のリスト(1滞在につきいずれか1つ選択)です。東京と相変わらずリッツ・カールトンは渋いですが、今回は無難に朝食の優待を利用しました。

  • スプレンディードでの朝食を30%優待(2名まで)
  • オーナーバーで利用できる2000円分のクレジット
  • グルメショップで利用できる2000円分のクレジット
  • インルームダイニングで利用できる2000円分のクレジット
  • ESPAスパトリートメントの15分延長

最上階37階のスカイビュー・デラックス・キング・コーナールーム

お盆の時期で混んでいるとのことで今回はレイトチェックアウトは13時までと塩対応(プラチナ会員は部屋に空きがあれば16時までの権利があります)。しかし最上階の部屋へのアサインで眺望は最高でした。

見取り図の通り、角部屋がたくさんある客室レイアウトです。いいですよね、角部屋。でもこういうレイアウトだと他の部屋が見えちゃうんだよな。

リビングルーム

お隣の部屋と比べるとすごく狭い部屋に感じますが、全然広々しております。むしろ一人だと広すぎるくらい。部屋全体にポマードの香りが漂っていましたが、どうやら前の客の残り香でした。この広さで残ってるってどんだけ強い香水振りまいてるんだと。。。

この立地では一番視界が開けている北側の景観です。

写真中央部の大きな空き地は大阪最後の大開発と言われる梅北2期(1期は右手に並ぶグランフロントのビル群)の開発が進んでおります。ちょうどこの滞在の頃に地下から1500体もの江戸時代の遺骨が見つかったとかいうニュースが流れていましたね。

この視界からは、左手の門型の梅田スカイビル手前に建つ白いビルのウェスティン大阪や再開発地区右手、グランフロント4連棟の奥から二つ目のインターコンチネンタル大阪の2つの高級ホテルが見えます。足元はJR大阪駅の電車のホームも見えますね。

西側は隣に背の高いビルがあるのが残念ですが、遠景に大阪湾に抜ける淀川を望めます。天気がよければ夕日が綺麗でしょう。

デスクの上にアフターコロナの定番となった消毒ジェルとマスクに加えて巾着袋が用意されていました。

デスクのコンセントはこちらに。USBも直接繋げます。古いホテルだとUSBの差し口が用意されていないケースが多いのですが、さすがリッツ・カールトンです。

オットマン付きとなしのソファが2台。

こちらはソファからの眺め。ソファからだとテレビがちょっと遠いですね。

クローゼットはこちら。パジャマがタンスではなくこうやって吊るされているのは初めて見たように思います。東京のリッツ・カールトンは襟なしでしたが、こちらは襟付き。

ミニバー

ミニバーです。東京とは違って缶のボトルではなくペットボトルの水が置かれていました。もちろん定番のネスプレッソがあります。ポットがデロンギです。これはちょっと珍しいかも。

棚の中身はこちら。右下のネスプレッソのカプセル、1つ穴が空いてる。。これ前にプリンスドガルの時もありましたが、、穴が空いてるということはわざわざネスプレッソの空カプセル入れから取り出してここに置き直したということな訳で。。。

気を撮り直して冷蔵庫の中身です。缶コーヒーが入ってるのも他では見ない品揃えですね。ちょいちょい個性を出してきます。笑

バスルーム

白で統一された空間。97年開業ですからやはりちょっと一昔前感はありますね。シャワーカーテンがバスタブの内側と外側の2重になっています。このあたりはビジネスホテルとは一味違います。

アメニティセットは高級感のあるシルバーに統一されたパッケージに入っております。シャンプー等はリッツ・カールトン御用達のAspreyです。ホテルのフロントの前にAspreyのショップが出店していました。

逆サイドです。こちらのシャワールームにはハンドシャワーがなく、小さなレインシャワーだけだったのでちょっと使い勝手が悪そうで使いませんでした。

トイレはもちろんTOTO。自動で開くタイプです。

朝食はイタリアレストランのスプレンディードで

朝食については、別の滞在分とまとめて別記事にしましたので、下記記事を参照ください。

ちょっと残念だったところ・・・

コロナ禍でのフィットネスおよびプールの営業は停止しており、残念ながら今回は利用できませんでした。

また、ターンダウンサービスは夕食から9時頃に帰ってきても変化がなかったので、案内はありませんでしたがこれも中止しているのかと思いましたが、翌朝、扉の下にサインが付いていたので入りませんでしたとの紙が入っていました。いやいや。。。夜中に廊下の外で音がするなと思ったけど。

そうそう、他の部屋の扉の開閉の振動を感じるのもちょっと気になりました。古いので致し方なしですけれど。

チェックインも部屋の準備ができてないということで待たされましたし、コロナで従業員を減らしつつ営業しつつもお盆休みの活況で回せてなかったんでしょうかね。

あと帰り際、従業員がなんかスマホいじってるところに廊下で出くわしました。。。

と、こんな感じで色々あってこれまでの他のリッツの体験からするとちょっと全体的にモヤモヤの残る滞在でした。

(追記)この時は残念でしたが、9月に再訪した時は総じて大満足でした。その際の記事はまた別途記載したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください