ニューオータニ大阪から大阪城を望む(エグゼクティブフロアに滞在)

1986年開業で前回のスイスホテルと同じく年季の入った名門ホテル、ホテルニューオータニ大阪の宿泊記です。ここはなんといっても桜の名所、大阪城公園のすぐそばなので4月の満開時期に訪れたいところでしたが、今回滞在したタイミングではまだ桜は満開前でした。

大阪の5つ星ホテル情報はこちら > 【アフターコロナ】大阪の5つ星ホテルおすすめランキング

ホテルへのアクセス

525室のマンモスホテルですが、最寄駅は大阪のターミナル駅ではなく長堀鶴見緑地線の大阪ビジネスパーク駅というちょっとマイナー駅。1996年開通なのでホテルの開業よりも後にできた駅です。心斎橋から一本で行けるのでそれほどアクセスは悪くないのですが、他の5つ星ホテルと比べるとアクセス面での立地は劣るかなという感じ。一方で大阪城観光目的ならベストなホテルのひとつです。

大阪ビジネスパーク駅から地上に出ると読売テレビ社屋を左に、大阪城公園を右に見て歩くとすぐにこちらのニューオータニの建物が見えてきます。

ホテル1階にはアーケード街があり、多くの店舗が出店しています。

フロント前には大きなレストラン。こちらではいちごのアフタヌーンティーが催されていて昼間は盛況でしたが、夜は一転して閑散としていました。まん延防止措置が出る前のタイミングでしたが、地下のレストランなどはほとんど閉まっていてシャッター街のようなありさま。現在、緊急事態宣言下ではさらに悲惨な状況になっていそうです。。

廊下の雰囲気などは東京のニューオータニと似たような印象です。

そしてやはりエレベーターのボタンには大阪の古いホテル定番の静電気除去板がついています。

エグゼクティブフロア デラックスダブルの部屋

部屋は大阪城公園向きですが、大阪城はこの見取り図の左下の方にいるのでちょっと良くない部屋にアサインされてしまったなという感じです。外から見るとやはり空室が目立つ中、なぜにあえてこっちにしたのかと。しかも古い建物なので壁が薄くて隣の音が聞こえます。空室だらけなのだから隣が空室の部屋にしてくれればいいのにちゃっかりお隣も在室。ホテル滞在の満足度を高めるのはこういうところなんだけどな。。

ゴールドキーサービス

ルームキーがカード式ではなくこちらのキータイプ。ゴールドキーと呼ぶらしい。入口横のここに置くと部屋の電気がつくようになっています。また、このゴールドキーがフィットネスやエグゼクティブフロア専用サービス(ウェルカムドリンク)を受ける際の証明にもなります。

ゴールドキーのサービス一覧

エグゼクティブフロアまたはスイートルームへの宿泊客は、下記のサービスを受けることができます。フィットネス料金が宿泊者も3500円かかるので、これが無料になるのはうれしいですね。他はまあ、特になくてもいいかな。

  • ウェルカムドリンクサービス 8:30-20:30
  • モーニングコーヒーサービス 6:00-10:00
  • フィットネスクラブ早朝利用無料 7:00-10:00
  • フォーシーズンズ(18階のバー)にて1ドリンクサービス 17:00-19:00
  • シューシャインサービス

ウェルカムドリンク

せっかくなので、ウェルカムドリンクチケットを使ってみることにしました。フレーバーコーヒー(3種)、フルーツ&ハーブティー(4種)や普通のブレンドコーヒー、紅茶、オレンジジュースから選べます。フレーバーコーヒーのバニラマカダミアというのを選んでみました。

カップはラップに包まれて運ばれてきました。お味はコーヒーにバニラの甘い匂いがただよいますが甘くないブラックコーヒーでした。

部屋の内装

部屋は悪くないですね。全体的にデザインの古さは感じますが、きれいですし広さも申し分なし。

ただ古いホテルは灯りが間接照明だけなので夜に作業するのは向きませんね。USBを差し込むコンセントがないのも不便なところです。

部屋からの眺望

今回アサインされた部屋からも大阪城は見えました。タイミングがよければ満開の桜が見えたと思います。右下に見える大阪城ホールが至近距離にあるので、イベント時に利用すると便利ですね。

足元には船着場。左手に見えるのはJR大阪城公園駅です。大阪城公園駅からも大阪ビジネスパーク駅からとほぼ同距離なので、こちらから来てもよいかと思います。野球場の前にある建屋にはいろいろお店が入っているのでこちらのルートの方が便利かもしれません。このビューでは公園をはさんでずっと奥にあべのハルカスも見えます。

ミニバー

冷蔵庫に缶コーヒーが入っているのは他であまり見た記憶がないですね。これニーズあるのかな?

アサヒと氷結の前に置いてあるチョコレートは一休のダイヤモンド会員特典ということでした。空港とかでよく見るチョコレートですが、初めて食べましたけど結構美味しかった。

ミニウイスキーはよく見るやつが並んでいますね。

エスプレッソマシンはなく、インスタントコーヒーとお茶でした。

クローゼット

このクローゼットの扉、スイスホテル南海大阪やウェスティン大阪でも同じものが部屋にありました。独特な取っ手です。

5つ星評価のホテルにしては珍しく消臭スプレーがついています。

なにやらよさげなことを書いてますが、着心地はごく普通の綿のパジャマです。そしてめちゃくちゃでかい。。。MBAプレーヤー用かというサイズ感でこれは正直、イマイチでした。

バスルーム

バスルームはやはり古臭さが際立ちます。古いのでやむなしなのですが、これだったら新しいビジネスホテルの方がずっとマシですね。。

バスアメニティはオムニサンス。これは沖縄のはいむるぶしなどでも採用されているフランスのブランドです。ノンシリコンシャンプーで自然派な香り。どこだったか思い出せないのですが、このフェイシャルセットが置いてあるホテルもありました(思い出したら追記します…)。

プール&フィットネス

フィットネスの雰囲気は東京のニューオータニに似ています(つまり古臭い)が、規模的には東京のニューオータニが圧倒的に大きいのでちょっとこぢんまりした印象でした。でもまあ一通りの機材は揃っていて、エクササイズのスペースもあり、ホテルのフィットネスエリアとしてはまあまあ広い方だと思います。

フィットネス会員らしき定年組のおじさんたちが朝からわいわいとやってました。

酸素カプセルがありました。あんなところにあると、なかなかシュールな見せ物になると思います。笑

すりガラスの窓ですが明るくて非常に開放感があります。古いホテルなので1.05mとちょっと浅くて潜水するにはちょっと物足りない感じです。しかしカルキ臭はなく、温水プールなので身構えずに入れてよかったです。奥にはジャグジーもありますね。

サウナエリアは宿泊時に残したメモには広いと書いてありましたが、この時期ホテルを転々としていたので、、すいません、まったく記憶がありません。。。

ラウンジバー フォーシーズンズ 18F

せっかくの特典なので、最上階のバーでウェルカムドリンクをいただきに行ってきました。桜の飾り付けでいっぱいです。

食事も一緒にと思いきや、つまみしかないということだったのでヒューガルデンを一杯いただいて終了。

ライトアップされた大阪城がここからはきれいに見えました。

一休ダイヤモンド特典

今回は一休で予約して行きましたが、下記のような特典がついていました。

  • 部屋のワンランクアップグレード >今回は対象外
  • レイトチェックアウト13時まで
  • ウェルカムギフトとして小菓子 >チョコレート
  • 駐車料金無料
  • スーツプレスサービス 1着

マリオットのプラチナ特典なんかと比べると特に嬉しいものでもないですが、国内の高級ホテルはなんだかんだで一休の会員向け料金が最安値のケースが多いので、会員になっておいて損はないかなって感じです。
ご参考 > 【年200泊する僕が徹底解説】得するホテル予約サイトの選び方(ノウハウ全部出し)

まとめ

今年は桜の開花が早かったので、もしかしたら大阪城の桜が見られるかなと思って行ってみましたが、流石にちょっと早かったようで公園の端のほうで咲きかけが目に入るくらいでした。部屋から見た感じだとこれなら園内が満開になれば部屋からもお花見が楽しめそうだったので(もちろん遠景ですが)、そのタイミングを狙って行ってみてもよいかもしれません。

でもまあ、Googleは5つ星と言っていますが、僕的にはここは4つ星評価が妥当かなと思いました。そのつもりで行けばまあまあ満足できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください