東京エディション虎ノ門のテラスルームに滞在

昨年秋に開業したばかりの東京エディション虎ノ門には、テラス付きの部屋があります。数ある都内の高級ホテルの中でも超高層のテラスで風を感じながら過ごすことができるのはここだけ。(パレスホテル東京にもテラス付きの部屋はあります。記事はこちら > パレスホテル東京 バルコニー付きの部屋から皇居を望む

ということで、今回はそのエディション虎ノ門のテラスルームの滞在記です。ホテルへのアクセスや部屋以外のホテル設備などについては過去記事をご覧ください。

【20年9月開業】東京エディション虎ノ門のダイニングが最高だった(プレミアルームに滞在)

テラスルーム

テラス付きの部屋があるフロアは、フロントがある31階。上層階に向かうエレベーターホールの手前に専用扉があり、セキュリティキーをかざしてアクセスします。

部屋の内装は他の部屋と同様、木材がふんだんに使われたナチュラルテイストでありながら高級感のあふれる空間です。

窓の外にテラスが見えるのは少しテンションが上がります。ここ31階です。

今回アサインいただいたのは、キッチンのついたタイプの部屋でした。
広いデスクですが、個人的には壁面に向かってというのがビジネスホテルみたいであまり好みではないんですよね。

なのでもっぱらここでパソコンを開いていました。プレミアルームだとこのテーブルとコンセントまでの距離が遠くて困るのですが、こちらのノーマルタイプの部屋だと近くてとても使い勝手が良いです。

コロナグッズは消毒用ハンドジェルとマスクが用意されています。

マリオットのプラチナ以上の会員向けだと思いますが、ウェルカムスイーツが用意されます。毎回違うものが出てきますがとてもおいしい。ちなみにこのホテルのレストランはかなりハイレベルでおすすめです。

テラスの様子

陽の当たらない北側なので草木の生育がちょっと心配ですが、しっかりと緑に色づいていました。すぐ慣れますが、肥料のにおいがちょっとします。

部屋にはヨガマットが用意されているので、このようにテラスに広げてストレッチなどできますよ。

テラスから部屋を向いてパシャリ。お茶やコーヒーを楽しみましょう。

ターンダウン時には、ランタン風のライトが灯されてしっとりムード。

ただ、お隣のテラスでは宴会が催されておりちょっとうるさかった。。緊急事態宣言中で飲み屋が空いてないからということだったのでしょうけど、いろんな意味でそれはダメじゃないか?

まあ、以前プレミアルームに泊まったときも昼間に大勢でテラスで飲み会やってるのを見ましたし、ここはそういう使い方されるんだろうな。。。まあ、そういう客も入れないと厳しい経営状況というのはわからなくはないですが、静かに過ごすために高い金払ってる身としては不満しかありません。

ちなみに上の写真に写っているすぐそばのアンダーズ東京なんかは、同時期に泊まった時に宿泊客以外を部屋に入れないという誓約書にサインさせられましたね。

ちなみにテラスは上層階の窓から見下ろすとこのように見えますので、外に出るときの服装は一応気を使いましょう。

部屋の設備

バスルームはプレミアルームとは違って部屋からは完全に仕切られています。キッチンスペースがあるのがユニークな部屋でした。

オーブンとシンクがついていますが、食器など用意されているわけではないので使われた形跡はありません。笑

冷蔵庫も充実しています。品揃えは他の部屋と同様。

ちょっと手抜きで過去記事から画像持ってきましたが、ネスプレッソ、箱入りパック茶、紙パックの水、そしてジンなどの品揃えは変わらず。

グラスやカップなど。

お茶はアメリカのハーニー&サンズが採用されています(詳しくは下記記事をどうぞ)。ホテルオリジナルパッケージのお菓子など、ここもこだわりの品揃え。

高級ホテルで飲み比べてわかった美味しいお茶まとめ

このホテルのバスローブは着心地が最高です。エディションのロゴが背中にあしらわれてデザインもかっこよく、購入することもできます。

5つ星にしてはバスタブがちょっと狭いんですよね。もちろん天井にはレインシャワーがついています。バスアメニティは持ち帰り不可の大きなタイプ。独特ですが慣れるとくせになる香りがします。

シャワーはよくホテルで使われてるブランドですが、見ての通り使い勝手がめちゃくちゃ悪いんですよね。シャワーの固定方法、ほんと世の中にろくなものがありません。。真横に水出てたら不便だと思わないのかな。

ちなみにこの部屋、シャワーの蛇口とバスタブの蛇口が間違えて逆に取り付けられていました。。。でもそもそもデザインが悪いので正しくセットされていてもレインシャワーとハンドシャワー、どっちがどっちかわからないという。。

トイレは安心安定のTOTOです。自動開閉ではないタイプ。

朝食・ダイニング情報

ホテルのお食事情報は下記記事にまとめています。

やっぱり東京エディション虎ノ門のダイニングは最高だった

まとめ

ちょっと外で過ごすには寒い時期になってしまいましたが、都内での希少なテラスステイができる部屋のご紹介でした。いろいろ不満点は書きましたが、開業当初から比べると少しお値段設定がリーズナブルになってきていることもあり、結構おすすめのホテルです。僕もまた暖かい季節になったら再訪したいなと思っています。

そして今年開業予定だったエディション銀座は来年に持ち越されてしまいましたね。そちらも訪問を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください