コートヤードマリオット銀座東武ホテルの宿泊情報

前回に引き続きコートヤードを取り上げてみます。

昨年、このホテルに隣接する形でマリオット系列のACホテルとアロフトがオープンし、このブログでも両ホテルの宿泊記を書きました。が、実は個人的には銀座界隈で一番頻度高く泊まっているのは今回のコートヤードマリオット銀座東部ホテルです。銀座エリアには現状5つ星クラスのホテルがなく(今年開業予定のエディションに期待)、一方で4つ星ホテルが数多くあってどこに泊まるか悩みますが、ここはその中でも第一候補の一つになるかなと思います。

ホテルへのアクセス

最寄駅は東銀座になりますが、JRの新橋や有楽町からも十分に徒歩圏です。

ホテルのレセプションは1階にあります。結婚式場もあるホテルなので雰囲気は高級感があります。地方都市であれば、その町で一番豪華なホテルになるかなというくらい。11階建てとあまり高層ではありません。

客室階へのエレベーターは2基あり、部屋のカードをかざすと宿泊階が自動的に点灯するタイプ。エレベーターの注意書きは英語オンリーです。これ、同じものが隣接するACホテルやアロフトにもありましたね。他にも部屋の設備で共通のものがあったりするので泊まり比べてみると面白いです。

【20年7月開業】ACホテル東京銀座の高層階プライムスーペリアキングに滞在 【20年10月開業】アロフト東京銀座のキングルームに滞在

廊下の雰囲気はやはりひと昔前の無骨な印象です。

キングの客室

基本的にこのホテルはどの部屋もほぼ同じレイアウトです。角部屋も残念ながら窓は1面にしかなく他と一緒です。

部屋の様子はこのようにビジネスホテルライクです。部屋のクラスによって微妙に壁紙の雰囲気とかが違いますかね。

こんな感じですね。デスクに加えてデイベッドがあります。

眺望に関しては、このホテルは期待できません。銀座の裏路地が見えるだけなので、基本的にカーテンを閉めっぱなしの生活になると思います。高層階だと、この写真のようにかろうじて東京タワーや虎ノ門ヒルズの先端が遠くに見えますかね。

都会的な雰囲気は味わえるので田舎暮らしの方にとっては面白いかもしれませんが、眺望目的なら他のホテルをおすすめします。

【全方位比較】東京の夜景が綺麗な高級ホテルまとめ(部屋からの写真つき)

クローゼットはちょっと狭いですかね。荷物はクローゼットではなく、奥のデスクとクローゼットの間のスペースに置く感じになるかと思います。アイロンや消臭剤などがあるのでビジネス利用には重宝します。

冷蔵庫にはこのように少しドリンクが入っています。

ミニバーにはこのクラスのホテルにしては珍しくネスプレッソがあります。

部屋着はパジャマではなく浴衣が用意されています。

バスルーム

ごく普通のユニットバスです。特筆することはないですね。

バスアメニティはNIRVAE。ググるとフリマアプリとかで出品されてる情報ばかり出てきますね。。

その他のアメニティ類も一通り一般的なものが揃います。それに加えて緑のマウスウォッシュがあるのが嬉しいですね。特にマスクをつけっぱなしの昨今、これで口をゆすいでおけば口臭がしづらくなるので助かります。

部屋タイプによっては若干違いがあるような気がしますが、最近、5つ星ホテルでよく見かける木製のクシがあります。髪の長い女性には不評ですが個人的にはクッション性のあるこのクシは結構好きです。

マリオットのプラチナ会員向けサービス

マリオット・ボンヴォイのプラチナ以上の会員の方はウェルカムアメニティがもらえると思います。コロナ後に訪問した際にいただいたウェルカムギフトはこちらのお菓子でした。

コロナ前によく通っていた頃は、創業四百年の老舗、萬年堂さんの鮮やかな缶入りの和三盆の砂糖菓子でした。缶の直径は缶ジュースと同じくらいのサイズでちょっとした小物入れに重宝するので持ち帰ってコレクションしていました。写真はその一部。これと比べるとちょっとグレードダウンしてしまった気が・・・

ビールとおつまみのセット

また、上記のお菓子に加えて1000ポイントまたはビールとおつまみのセットを選ぶことができたかなと思います。無料宿泊やマイル獲得のためにポイントを貯めている方はポイントを選ぶのが無難ですかね。

ポイントの使い道についてはこちら > 【電話不要・アプリ不可】マリオットの無料宿泊特典のWEB予約方法とオススメの宿泊先

フィットネススタジオ

フィットネスは地下にあります。例によってコロナ禍で1つ飛ばしになっていますが、どうせなら真ん中の二つを使用禁止にしたらいいのではなかろうか。。とはいえ4つ星ホテルのフィットネスで他の方と出くわすことはめったにないのでまあいいでしょう。(5つ星ホテルは早朝も必ず誰かいます)

筋トレの機材はコロナ対策のためかダンベル類が取り除かれていましたね。

朝食ビュッフェ

朝食のビュッフェ会場は1階にあります。コロナ前はいつも人がいっぱいで混雑していましたが、コロナ禍では一番混み合う時間帯でもこの通り。。。大丈夫だろうか。。

コロナ禍においてもビュッフェ形式を継続しており、やはり食事を取りに行く際はビニール手袋を着用しますが、センサーが手を感知して手袋の入口をエアーで開いてくれる機械があります。これたまに見かけますが、かなり便利です。採用していないビュッフェ実施中のホテルさんはぜひ導入をご検討ください。

ビュッフェエリアはこのような様子。コロナ後、台上にガラスシールドが完備されましたね。

品揃えは4つ星ホテルとしては充実していると思います。さらに右手の壁に隠れて写真には写っていませんが、エッグステーションやヌードルステーションがあり、オーダー式でホットミールを作っていただけます。

こちらはエッグベネディクト。まあ、そりゃ5つ星ホテルと比べるのは酷ですね。。

まとめ

以上、このホテルは冒頭でも述べたとおり銀座界隈で泊まるならおすすめのホテルです。特にマリオットのプラチナ会員であれば朝食分を加味するとかなりリーズナブルに泊まれます。

高級ホテルだと思って行くと少々拍子抜けするとは思いますが、ビジネスホテルと思っていけばかなり満足度高く過ごせると思います。一通り必要なものは揃っていますし、朝食の充実っぷりもよいと思います。ということで僕も銀座界隈に行く時はいつもお世話になっていますし、今後もお世話になるホテルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください