【全方位比較】東京の夜景が綺麗な高級ホテルまとめ(部屋からの写真つき)

東京のホテル記事も大体書き尽くしてきたので、今回はホテルからの夜景に焦点を当ててまとめてみようと思います。

東京の都心部は超高層ビルが多いので、視界が開けているホテルは限られます。頭一つ抜けた超高層階か高層ビル群から少し離れた立地のホテルが狙い目ですが、この記事ではそんな東京のホテルの部屋からのビューを、見所と共に並べて解説します。

それぞれのビューに良さがありますが、いずれも綺麗な夜景が見られる間違いのない高級ホテルを厳選しましたので、プロポーズや誕生日、記念日など絶対に外せないタイミングでのホテル選びの参考にしていただけると思います。

※ 国立競技場の花火写真追加しました。

他にこんな記事も書いています

【2020-21年版】室内プールで選ぶ東京都内の高級ホテルステイ

東京駅徒歩圏の最高級ホテル選び完全ガイド(9施設もある)

高級ホテルをバスアメニティで選んでみる

東京タワービュー

まずはやはり本命は東京タワーですね。今や乱立する高層ビルに埋もれて存在感は薄れつつあるものの、それでもやはりこのタワーの放つ光の特別感は他とは一線を画します。

多くのホテルで東京タワービューの部屋はちょっと値段設定も高めになっていますが、それでもこのビューは東京に来たからには一度は見ておきたいものです。

東京タワーのライトアップは、夕方18時から24時までですが、時間帯によって、あるいは季節や曜日によって異なるライティングが行われていますので、その変化を楽しむのも一興です。

東京タワー至近の夜景を見るなら

東京エディション虎ノ門 東京タワービュー

こちらはエディション虎ノ門の東京タワービューの部屋からの夜景です。東京タワーが本当に真横に感じられるほどの至近距離なので、窓際に立つと、まるで空に浮いて眺めているような感覚を味わえます。夜中12時を過ぎてライトアップが消えた後の警告ランプだけの東京タワーも見ものです(写真は宿泊記に載せてます)。ここからは地味に奥のお台場のライトアップも見えますね。

神谷町に位置するこの最新ホテルは料理のクオリティの高さもおすすめのポイントです。隈研吾デザインの特徴的な部屋のデザインも光ります。

宿泊記はこちら > 【20年9月開業】東京エディション虎ノ門のダイニングが最高だった(プレミアルームに滞在)

ザ・プリンスパークタワー 東京タワービュー

東京タワー右手にエディション虎ノ門や虎ノ門ヒルズのアンダーズなども見えるこちらはザ・プリンスパークタワーです。ここからの東京タワーは真横というよりは見上げるような感じです。近景に芝公園の平地が確保されており、遠景のビル群が映えます。ここは東京タワーまで歩いて10分もかかりませんので、タワーに登ってみるのもありですね。

9月のAutumn Purple(秋草色)のインフィニティ・ダイヤモンドヴェール

東京タワーは令和元年より、毎週金曜と土曜の夜限定で、月毎に異なる12食のカラーで輝く「インフィニティ・ダイヤモンドヴェール」という特別なライトアップを実施していますので、記念日に狙ってみてはいかがでしょうか。また、日没から23時までの毎正時(00分)に3分間は「純白の煌めき」という点灯も行っていますので注目ください。

そしてプリンスパークタワーの東京タワービューの部屋からは、なんと同時にスカイツリーもビルの谷間から見えてしまいます。僕の知る限りでは、東京タワーとスカイツリーが同時にちゃんと見えるのはこことパークハイアット(ただしかなり遠い)だけなので、欲張りなあなたにおすすめです。しかもここに取り上げたホテル群の中ではお値段もかなりリーズナブルです。(なお、青山グランドホテルウェスティン東京、リッツ・カールトン東京(後述)からも部分的には両方見えます。また、横浜ベイシェラトンや横浜ロイヤルパークタワーからも目が良ければかすかに見えます)

宿泊記はこちら > 東京タワーとスカイツリーが同時に見えるザ・プリンスパークタワー東京のテラスルーム

東京タワーだけじゃない欲張り夜景

ザ・リッツ・カールトン東京 東京タワービュー

こちらはリッツ・カールトン東京タワービューの部屋からの夜景ですが、ここからは東京タワーはもちろん、お台場やレインボーブリッジ、羽田空港まで東京湾岸方面をずっと見渡せますので、東京を空中遊泳しているかのような気分に浸れます。さらに窓際に寄れば、右手には六本木ヒルズ、左手奥にはスカイツリーと、とにかくこの景色は情報量が多くて、ずっと見ていても見飽きません。

この記事に挙げたホテルはいずれも素晴らしい景色で甲乙つけ難いのですが、あえて一番を選ぶならここかなと思います。

追記: と、この記事を書いた矢先に訪問してきたらとんでもないことになっていました。

その5月の最新の写真がこちら。そう、なんと東京タワーの正面に新しいビルの建設が進んでいるじゃないですか。そしてこれ、なんと完成時に日本一の高層ビルになる予定の麻布台の325mの超高層ビルです。台地でこの高さなので、つまり完全に東京タワーが隠れてしまいます。

去年エディションから見た時にはまだまだ地下が見えていたのに。。これ今年中には東京タワービューでなくなってしまうのではないでしょうか。。このビューは東京タワーだけではない魅力はありますが、しかしそこにビルができるとなると話が違います。。ぜひ、この眺望は今年中、なるべく早いタイミングで見に行くことをおすすめします。

宿泊記はこちら > ザ・リッツ・カールトン 東京で、東京最高の夜景を望む

アンダーズ東京 東京タワービュー

アンダーズ東京東京タワービューの部屋もリッツ・カールトンに劣らず絶景でした。なぜ過去形かというと、アンダーズの入る虎ノ門ヒルズの姉妹棟であるレジデンシャルタワーがこの視界を遮る位置にできてしまったので、ここまで開けたビューは現在は見られなくなってしまったんですね。

この通り。。レジデンシャルタワーが放つライトアップの光はそれはそれで綺麗ではあるんですけど、真横にビルがある圧迫感は如何ともし難い。シティビューもエディション東京やジ・オークラなどに視界が阻まれます。

宿泊記はこちら > アンダーズトーキョー 東京タワービューの部屋と天空のプール

フォーシーズンズ東京大手町 皇居外苑ビュー

部屋からの夜景

フォーシーズンズ東京大手町皇居外苑ビューの部屋からも微妙に見えます。この写真の右手下に存在するパレスホテルや、左側のアマン、ペニンシュラ、シャングリ・ラ、丸の内のフォーシーズンズからもかろうじて見えなくはないのですが、いずれもビル群に阻まれて先端だけですので、この視界で選ぶならここですかね。まあ、むしろここは丸の内のビル群と皇居がメインの景観ですので東京タワービューと言うにはちょっと無理がありますが。

この写真のもうちょっと左手にアマン東京があり、このビューと同じ方角にはスイートが入っており、東京湾も視界に入るようです。(が、この夜景に20万近く出すのは正直もったいないなと思います。しかも立地的に正面はビルなので、別の方角をぜひリクエストしてください。)

宿泊記はこちら > 【20年9月開業】フォーシーズンズホテル東京大手町のルームサービスを満喫してきた

プリンスさくらタワー 東京タワービュー

この記事に載せているホテルの中では一段グレードが下がってしまいますが、品川のプリンスさくらタワーからも遠目に東京タワーが見えます。この方面は高層ビルが比較的少ないので、高層階に泊まれば見晴らしはこの通り。正面に見えるライトアップ朝れた旧竹田宮邸洋館がいい雰囲気を出してくれています。

宿泊記はこちら > ザ・プリンスさくらタワーの東京タワービューの部屋とクラブラウンジ

東京スカイツリービュー

スカイツリーも時間によってライティングが変化していきます。東京タワーのように時間帯で区切られているのとは違いずっとグラデーションが変化していくのでいつ見ても違う雰囲気なのが面白いと思います。また、夜中もうっすらとライトが灯っているのも特徴ですね。

マンダリンオリエンタル 東京スカイツリービュー

こちらはマンダリンオリエンタル からの眺めになります。富士山が見える逆サイドは高層ビルが多いですが、こちらサイドの部屋を選ぶと東京ではなかなかお目にかかれない完全に開けた視界が目に入ってきます。他の高層ビルを含まない視界を求めるならここがベスト。ほぼ同等のビューはアマン東京やフォーシーズンズ東京大手町のシティビューからも見えますが、このマンダリンオリエンタルが視界に入ってしまいます。

宿泊記はこちら > マンダリンオリエンタル東京からスカイツリーを望む

シャングリ・ラ東京 シティビュー

シャングリ・ラ東京シティビューからも左手にこのようにスカイツリーが見えます。ただ、こちらは正面奥に高層ビルがあるのが玉にキズで完全に開けた視界とまではいきません。

しかしシャングリ・ラからはさらに右手に見えるこの湾岸エリアの景色もかなり魅力的ではあります。携帯の写真だと微妙ですが、奥に見える湾岸部の超高層マンションの光はめちゃくちゃ綺麗なんです。あと地味に左上の方で花火上がってるのわかりますかね。シャングリ・ラは東京駅すぐという立地の良さもさることながら、ここは新幹線ホームまでの出迎えサービスもあり、特別感の演出も可能です。

宿泊記はこちら > 【東京駅至近】シャングリ・ラホテル東京のデラックスルーム(コロナ後の情報追記)

アンダーズ東京 皇居ビュー

アンダーズ東京皇居ビューの部屋からのスカイツリーも見逃せません。スカイツリー自体はちょっと遠いですが、スカイツリーの前に広がる丸の内エリアの高層ビル群と眼下に密集する低層ビル群のコントラストが圧巻です。さらに言えば、このビューのメインはむしろ左手に広がる皇居で、夜は真っ暗ですが昼間には都心に広がる緑の庭園が浮かび上がり、夜とは全く違う雰囲気を楽しめるというのも魅力です。

宿泊記はこちら > アンダーズ東京は皇居ビューの部屋が絶対おすすめ(タワービューじゃない)

お台場、東京湾、そして浜離宮ビュー

意外と穴場なのがこちらのメズム東京からの夜景です。クラブラウンジにはテラス席があり、窓を隔てずに海風を感じながら見るスカイツリーは格別です。足元には浜離宮があり、夜は真っ暗ですがここも昼間は緑で癒されます。またその浜離宮の緑と周辺のビル群のコントラストも素晴らしい景色です。

宿泊記はこちら > 【20年4月開業】絶景と遊び心満載のメズム東京はおこもりステイが正解(コーナールームに滞在)

コンラッド東京のベイビュー

汐留のあたりは超高層ビルが並びますが、コンラッド東京は浜離宮恩賜公園の真横という好立地で、ベイビューの部屋からお台場エリアを望めます。足元の浜離宮は夜は真っ暗になりますが、やはり湾岸エリアの超高層マンションの光が圧巻の景色。なお、浜離宮の奥の角に建つビルが先程のメズム東京ですね。

宿泊記はこちら > コンラッド東京のスイートルームから浜離宮とお台場を望む

丸の内・皇居の景観ビュー

シャングリ・ラ東京 インペリアルガーデンビュー

こちらシャングリ・ラ東京インペリアルガーデンビューの部屋は、この通り実は皇居はほぼ見えないのですが、東京駅と丸の内のビル群が見渡せるユニークな部屋です。東京駅の駅舎に加え、丸の内の高さ31mラインの統一された美しい景観は他の場所では見られないものです。東京駅前で思い思いにポーズを取る観光客と、通勤ラッシュで横断歩道を行き交うビジネスマンの波との対比も面白い。

宿泊記はこちら > 【東京駅至近】シャングリ・ラホテル東京のデラックスルーム(コロナ後の情報追記)

ホテルメトロポリタン丸の内 トレインビュー

シャングリ・ラはちょっとお高いなということであれば、シャングリ・ラのすぐお隣の4つ星ホテルメトロポリタン丸の内トレインビューの部屋からも同様の景観が見られます。この写真では見切れていますが、こちらからは左手方面のビルの谷間に東京湾も少し視界に入ります。

宿泊機はこちら > 【東京駅直結】ホテルメトロポリタン丸の内のトレインビューとスカイツリービューの部屋

パレスホテルの皇居外苑ビュー

パレスホテル東京バルコニー付きの部屋は皇居外苑を望みます。このビューは上の東京タワービューのところのフォーシーズンズ東京大手町の視界をさらに前方下方向に進んだビューになりますので、東京タワーは先端だけですがわずかに見えます。右の皇居奥には国会議事堂が光っていますね。

宿泊記はこちら > 【外出自粛解除後】パレスホテル東京 バルコニー付きの部屋から皇居を望む

プリンスギャラリー紀尾井町の皇居ビュー

ビル群を間に挟むので少々距離がありますが、このビューからは皇居奥に丸の内エリアの高層ビル群、そしてスカイツリーが視界に入り、また写真には映っていませんが、右下には国会議事堂や煌々と光る議員宿舎など見どころたくさんな夜景です。西日を受けて輝く丸の内のビル群の様子が絶景なので、ぜひ日の入り時は部屋で過ごしていただきたい。

宿泊記はこちら > プリンスギャラリー紀尾井町のグランドデラックスルームとコロナ禍のクラブラウンジ

不夜城新宿摩天楼ビュー

皇居を挟んで見る新宿

アマン東京 皇居ビュー

アマン東京デラックスルームが皇居向きですが、この景色、最高です。皇居の暗がりと奥のビル群が放つ航空障害灯の赤い光は、まるでナウシカのオームの群れがこちらに向かってくるかのような幻想的な雰囲気を作り出します。この視界は天気が良ければ富士山も見えますよ。

宿泊記はこちら > 【8月営業再開】アマン東京のデラックスルームから皇居と新宿の摩天楼を望む

フォーシーズンズ東京大手町 皇居ビュー

お隣のフォーシーズンズ東京大手町皇居ビューの部屋からも同等の夜景が見られます。が、なぜか夜景写真が見つからなかったのでジムからのお昼の景色でお茶を濁します。。アマンよりもちょっと端寄りのビューです。このジムエリアからはスカイツリーも見えるんですよね。

宿泊記はこちら > フォーシーズンズ東京大手町の皇居ビューの部屋とピニャートのダイニングを満喫してきた

新国立競技場と新宿

プリンスギャラリー紀尾井町 新宿ビュー

プリンスギャラリー 紀尾井町新宿側のビューです。目の前の赤坂御用地の漆黒とその奥の新国立競技場が放つ光のコントラストが印象的。目の前のニューオータニのタワー棟がちょっと邪魔に見えますが、こちらが頭一つ抜けているのでそれほど気にはなりません。なお、このホテルも東京タワービューの方がお高いのですが、遠くに先端しか見えないので、このビューがオススメです。天気がよければ富士山も見えます。

宿泊記はこちら > プリンスギャラリー紀尾井町のデラックスツインとキングの部屋

で、こちらのビューの部屋で撮影してきたオリンピック閉会式の花火がこちら。上の写真よりも低層階へのアサインだったので新宿のビル群はニューオータニで隠れて見れませんでしたが、無事、国立競技場は視界に入りました。今後もイベントなどで花火が打ち上がる機会はありそうなので、ぜひ方角をリクエストしてシャッターチャンスを狙ってみてください。

キャピトルホテル東急

キャピトルホテル東急の足元に日枝神社、さらに奥に赤坂御用地をはさんでの新宿ビューです。先程のプリンスギャラリーから手前を走る道路を少し左手に進んだ位置にあります。ここからの新宿の夜景も綺麗ですね。キャピトルは逆向きの部屋からは首相官邸、国会議事堂、そして皇居が見えます。少し低層ですがお隣のアパホテルからのそのビューもまあまあの見晴らしです。

宿泊記はこちら > 【外出自粛解除後】キャピトルホテル東急 デラックスキングの部屋に滞在

六本木と新宿

グランドハイアット東京 新宿ビュー

グランドハイアット東京の高層階ビュールームからは六本木の街並みと新宿御苑をはさんで新宿の街並みが右手方向に見えます。このホテルも東京タワービューの部屋がありますが、六本木ヒルズが真横にそびえる圧迫感があるので、こちらサイドのビューがよいと思います。ただ、ちょっと窓ガラスの配置的に反射光でうまく写真が撮れないんですよね。

宿泊記はこちら > 【村上隆コラボ中】グランドハイアット東京のキングルームに滞在
※この記事はビュールームではない部屋なので悪しからず。

ウェスティン東京

恵比寿ガーデンプレイスの奥にそびえるウェスティン東京からは、恵比寿・広尾エリアの高級住宅地を挟んで新宿から六本木エリアが見渡せます。もう少し右手には東京タワーも見えますね。逆にもう少し左手には恵比寿ガーデンプレイス。今となってはそれほど高層ではないホテルですが、高層階に泊まれば周りが低層なのでなかなかあなどれない景色です。

宿泊記はこちら > ウェスティン東京のコロナ前後を比べてみました

都心最西端、西新宿からの夜景

パークハイアット東京

都庁が見えるこちらはパークハイアット東京です。ここは4方いずれも素晴らしいビューが期待できるホテルですが、特殊な形状をしているので、下記記事のように各フロア1つしかない奥まった部屋にアサインされるとかなり残念です(他のブロガーさんの記事を見ていると、デラックスルームでこの部屋にアサインされた人は見つからないのでランクの低い部屋にアサインされたんじゃないかという疑惑が拭えませんが)ので、外したくない時は事前にホテルに確認取りましょう。

宿泊記はこちら > 東京最高層47階のプールも再開、パークハイアット東京のデラックスルームに滞在

まとめ

いかがでしたでしょうか、もちろん他にも夜景が見えるホテルはありますが、高層ビルが林立する東京では他のビルに阻まれて十分な視界が確保できている部屋は限られます。今回は、その中でもとりわけ素晴らしい夜景が期待できるホテルを選んでみました。

今回ご紹介した夜景自慢のホテルの多くは超高層ビルの最上部に位置しているので、どのホテルに泊まっても他のホテルが視界に入ってくるというのが面白いところです。あちこち滞在していると、お互いの位置関係も分かってきて楽しくなってきます。

この記事ではホテルの場所は載せていませんが、地理を把握されたい方は、グーグルで「東京 5つ星ホテル」とかでググってみてください。おおよそ東京駅近辺に大量に集まっているのがわかると思います。世界屈指の高級ホテル密集地でもある東京で、みなさまお好みにあう綺麗な夜景の見えるホテル探しの参考にしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください