フォーシーズンズ東京大手町のダイニング情報まとめ

この記事では過去何度か泊まったフォーシーズンズ東京大手町のお食事情報をまとめます。ディナー、朝食、インルームダイニングそれぞれの写真を載せていきますのでダイニング利用時のご参考にどうぞ。

その他のホテル情報はこちらの記事にまとめています。 > フォーシーズンズ東京大手町の滞在情報まとめ【全方位眺望写真あり】

ディナー

このホテルのメインレストランはフレンチとイタリアンの2店舗です。いずれもテラス席を備えており、夕涼みしながらディナータイムを過ごすことができます。高層階なのでかなり風が強いため行くタイミングは選びますが、都内でも数少ないルーフトップディナーが楽しめるおすすめのレストランです。

フレンチレストラン est|エスト

ここは入り口の雰囲気からしてただごとではありません。アイキャッチ画像にも使いましたが、この書架エリアの奥、さらにまた雰囲気のよい廊下を抜けた先にレストランがあります。

テラス席の様子

ぱっと見、高級フレンチとは思えないカジュアルな雰囲気です。室内の内装がゴージャスなので外に出た瞬間はちょっと拍子抜けしますが、逆に身構えずに済むのがいいですね。緊急事態宣言中でもあり、まだ外で過ごすには少々早いかなという時期ではあったのでテラス席を独占できました。ぜいたくすぎません?

飾り壁の向こう側が後述するイタリアンのピニェートのテラスです。向こうサイドは結構賑わっていました。

無粋な隣のビルとの間を挟んで庭があります。日が暮れる頃にライトアップも。かなり良い天気でしたが風はなかなかの強風で、パラソルがぶっ壊れるんじゃないかというくらいすごい音を立てなびいていました。ワイングラスとかも空になると飛ばされそうな勢い。。

左のガラスには東京タワー、真ん中には国会議事堂、そして右には富士山が映っているのがわかるでしょうか。ザ・東京の景色。皇居御苑ビューのスーペリアルームに泊まるとこの景色が部屋から見えます。

ドリンク

緊急事態宣言中、アルコールの提供はありませんでした。食前酒ならぬ食前ノンアルコールドリンクということで、南国の風味を感じる不思議な味のカクテルをいただきます。これ、前々回に書いたプリンスギャラリーのクラブラウンジで出されたオリジナルのカクテルとすごく似た味がしました。流行ってるのかな?いずれにせよかなり美味しいです。

お水はウイスキーの響や山崎で有名な山崎の水のスパークリングをいただきました。このお水だけでも普段の1食分のお値段ですね。はは。

ディナーメニュー

最初にアミューズとして出てきたこれ。全く味が思い出せません。。

パンは自家製で、頭の部分がカリカリのクッキー生地で、中はふわふわ。うん、これはめちゃうまかった。フムスのディップもうれしい組み合わせです。

カルパッチョ。酸味の効いたフルーツの味がいいアクセントでした。期待通りのクオリティです。

穴子とアスパラガスの焼き物。かかってるのは山椒だったかな。和食以外で穴子を食べるのは初めてです。うなぎはイタリアで食べたことがありますが、日本と同じく蒸すスタイルでした。なので、このパリっとした焼き加減は他では味わったことのないスタイル。魚臭さが若干あり味はまあまあでしたが、いつも食べる穴子とは違う食感が楽しい一品でした。

メインにステーキを。シンプルに味付けされた赤ワインのソース。クレソンが大量に乗っているのが良しです。低温調理された絶品の焼き加減。肉の味、食感を最大限に引き出したお味です。ただ、低温調理は機材さえ揃えれば家庭でも簡単に完璧な熱入れができるので、いい肉を買いさえすればこれに匹敵する味が出せてしまうんですよね。なので正直、いつも家で食ってるのと同等だな、と。。いい時代になったもんですが、感動が薄れてしまうのは悲しい。

最後にお茶菓子のマフィンとコーヒー/紅茶です。

コースで時間をかけたくなかったのでアラカルトで一気に持ってきてもらい、お値段は2万5千円ほど。やはり少々お高いですね。食べログではディナー価格3-4万円となっていますが、これ普通にコースにしてアルコール入れたらそんなもんじゃ収まらないですね。ということもあり、食べログの評価数はまだ少なく評点も低め。ただ、クチコミのコメントを見ると概ね好意的な評価が書かれています。

ということで食べログのリンクを貼っておきます > 食べログ エスト

イタリアンレストラン PIGNETO|ピニェート

この写真に映る空間はロビーバーです。お昼の時間帯はここでアフタヌーンティーを楽しむお客さんでいっぱいですが、奥にある大きなガラス扉の向こう側にイタリアンダイニングのピニェートはあります。

こちらの食事については以前の記事で取り上げたので写真だけダイジェストで。

この250gもあるビステッカの焼き加減が最高でした。ほんのりと炭火の風味もあり、シンプルだけどこれは家庭では絶対に出せないお味でした。もちろんコース料理もあり、お値段的にはエストと比べると半額くらいに収まるかなと思います。

当時の宿泊記はこちら > フォーシーズンズ東京大手町の皇居ビューの部屋とピニェートのダイニングを満喫してきた

こちらも食べログのリンク貼っておきます。 > 食べログ ピニェート

サービス評価が低いクチコミがちょいちょい見られます。まだオペレーションがこなれていないので、混雑時の対応がまずいときがありそうですね。それは僕も開業直後の訪問時に大いに感じましたが、通常運営時のレストランの接客対応は割とよいほうだと思います。

インルームダイニング

インルームディナー

開業直後の一休.com会員向けの特別メニューのインルームダイニング。こちらはピニェートのイタリアンのお料理ですね。アスパラガス ミラネーゼ、マスの香草パン粉焼き、ピニェートティラミスの3品。

この時の滞在記はこちら > 【20年9月開業】フォーシーズンズホテル東京大手町のルームサービスを満喫してきた

朝食

アメリカンブレックファースト@ピニェート

朝食会場はピニェートです。このレストランからは皇居を挟んで富士山や新宿の摩天楼が見渡せます。朝を気持ちよく迎えるのにこれ以上ない景色だと思います。

アメリカンタイプの朝食メニューは、ベーカリーバスケット(クロワッサン、デニッシュ、マフィン)またはトースト、ヨーグルト、フルーツプレートのコンチネンタルメニューに加えて、お好みのメインまたはスイーツが選べます。総額5693円。デフォルトでサラダがついていないのは都内ではちょっと珍しいかなと思います。

ドリンク

まあ、他のホテルと同じく、コーヒー or 紅茶とジュースがセットです。ジュースは注がれる量は少ないですが、なくなったら追加してもらえるのでご安心を。カフェラテを頼んでラテアートで出てくるホテルの朝食で美味しくなかったことはないので期待が膨らみます。

前菜(コンチネンタルメニュー)

本日のヨーグルトとフルーツプレート。

デニッシュセットがハイクオリティです。サクサクの食感がお好きな方は好みだと思います。これだけでも普段の朝食分を余裕で超えるハイカロリー。置いてあるジャムも美味しそうなのでトーストもありですね。トーストはホワイトか全粒粉が選べます。

メイン

エッグベネディクトは可愛らしい小ぶりのひと口サイズが2つ。

ここの朝食はサラダが付いていないので、メインとしてサラダを選ぶこともできます。これは生ハムとポーチドエッグのサラダですが、大盛りのルッコラの中にポーチドエッグが埋まっています。あえてサラダ選ぶのは微妙かなと思いつつ選びましたが、黒トリュフが効いた味付けでこれはかなりアリでした。しっかりメインの存在感です。

他にはスモークサーモンサラダ、ビスマルクステーキ(150gのテンダーロイン 追加料金 +4426円)、フレンチトースト、パンケーキなどが選択肢にありました。

和朝食 インルームダイニング

インルーム朝食

もちろん和食を選ぶこともできます。こちらは開業直後、インルームでいただいたときのもの。アメリカンにはついていないサラダ付き、なぜ? まあ、いずれにせよ充実している品揃えで朝からお腹いっぱいになります。

まとめ

フォーシーズンズ東京大手町のダイニング情報をまとめてみました。またアフタヌーンティーやバーなども行った際には追記しようと思います。ここは見ての通り、お値段はともかく食事のクオリティは間違いないので、宿泊時の利用はもとより、商談や接待、デートといろんな場面で使えると思います。立地的にも大手町駅直結という利便性です。ということで、僕もリピートしているホテルとともにここのダイニングも先々使っていくだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください